ラ・マンチャ  スペイン料理 阪急塚口

塚口のラ・マンチャの男(シェフ)は人柄の良い料理の達人!

d0083265_2117553.jpgラ・マンチャの男 (Man of La Mancha) とはセルバンテスの小説「ドン・キホーテ」をもとにしたミュージカル作品。現在も世界中で公演されて人気を博していますが、阪急塚口駅の北にあるスペイン料理店のラ・マンチャも名古屋で修行されたマスターがお一人で奮闘される人気のお店です。
大変人柄の良い人で、ブログ写真の撮影にも快い笑顔で了解してくれました。
誰からも好かれるお店という感じがします。
お店はユニークな形のビルの2階に隠れ家風な佇まいです。


d0083265_212156100.jpg








d0083265_20412860.jpgd0083265_2042057.jpg









店内のテーブル席はカーテンや間仕切りで仕切られた半個室タイプ、お客様にゆっくり食事を楽しんでいただく心遣いが見受けられます。
スペイン料理を基本としながら様々なアイデアを凝らした料理は、誰にでも満足できる懐の広いものだと思います。
d0083265_20492280.jpg
スペイン料理の素材はオリーブオイル、ニンニク、トマトソース、それにオレンジやレモンなどのフルーツを使い、魚介料理が美味しいのも特徴でイボイノシシの好物なのですが本格的なお店の数は少ないようです。

ランチのセットメニューは5種類、(A)¥1,050、(B)¥1,600、(C)¥2,200、
(D)¥2,700、(E)¥1,600、と、少し迷ってしまいます。
ラマンチャでは鯛の頭のスープで炊き上げる具がたっぷりな特製パエリア(パエジャ)が評判と聞いていたので、リーズナブルランチの紹介ブログを一時ペンディングにして、少々奮発でパエリアが含まれた(D)ランチセット(2,700円)をオーダーしました。

d0083265_20553148.jpg
パンはバゲット、バターが付いたシンプルなもの、最初は少し大丈夫かいな?でしたが・・・

d0083265_2132480.jpg
13種類ほどの魚介類や具材が入った前菜サラダにニッコリ♪頬が緩みます。サラダが盛られたお皿がいかにもスペインでしょう♪(^^)

d0083265_21123919.jpg
鮮魚(真鯛)のソテー・オレンジソースは松の実、アーモンド、それにオレンジの実を使った大胆でしかも素晴らしい味付けの一皿でした。

d0083265_21165720.jpg
若鶏のソテー・マスタードソースは納得できる味付けで満足度十分と、七面鳥夫人の感想でありました。

d0083265_2128517.jpg
少し時間はかかりましたが、最後に出された魚介のパエリアは流石評判のお味でした。
d0083265_21314817.jpgd0083265_21321564.jpg







鯛の頭を使ったスープの旨味が生かされたサフラン仕立ての米粒も芯の残るアルデンテ仕上げ、大変美味しくいただけました。

d0083265_21372230.jpg
デザートのカスタードプリンの上には自家製カラメルアイスクリーム、久しぶりに充実のランチとなりました。


店名          ラ・マンチャ
ジャンル        スペイン料理
TEL          06-6428-5591
住所          兵庫県尼崎市塚口町1-13-4 ハッピーコートビル 2F
営業時間       11:30~14:00(ランチ)
             17:00~22:30(ディナー)
定休日        月曜日
営業時間       ランチ営業
ドリンク        ワインあり
備考          近所にコインパーキング有ります。



食べログ グルメブログランキング クリックで応援よろしくおねがいします♪

by mahalotakashi | 2009-05-26 21:02 | mahalo@食卓