丸福珈琲店 堺筋淡路町店

        早朝から老舗珈琲店の挽きたて珈琲は魅力的♪

d0083265_2132376.jpg
連休前の会議が早朝(8時)に召集されたので、朝食抜きで午前6時半頃西宮の自宅を出て、会社のある堺筋本町まで来ましたが、やはりお腹が持ちません。
そこで朝7時半からオープンしている丸福珈琲の堺筋淡路町店へダッシュ!
蔦(ツタ)が生い茂った文化財のレトロビルをそのまま利用した北浜店が好きなんですが、少し遠いので本日は開放感のあるこのお店にしました。
堺筋沿い淡路町の交差点南東の角にあり、植栽の緑が都会のオアシス的な開放感のあるお店です。
d0083265_2132568.jpg
天井の高さ8m、ガラス張りの明るい店内はイボイノシシ一匹(一人)の貸切状態、テラス席もあります。

d0083265_21381394.jpg
モーニングセットは、いかにも喫茶店らしい(A)トーストパン+ゆで玉子+ドリンクと、
(B)ミニサンド(日替わり)+ゆで玉子+ドリンクの、2種類がありましたが、¥570のミニサンドイッチにしました、ドリンクは当然評判の挽きたて焙煎珈琲です。

d0083265_21472277.jpgお店で本日朝一番の珈琲がいただけるのですから、ありがたい!
目の前で珈琲豆を挽いてくれます。珈琲の抽出法も独自のもので初代オーナーが開発制作した器具を使い職人技でドリップします。他の器具とは違い、手間も時間もずいぶんかかるそうですが、これが丸福独特の味わいの秘密といえます。
丸福では技術を認められた職人さんだけがお客様の珈琲を抽出することが出来るとか、創業以来約70年間守り続けた焙煎法は豆を大事に、豆の声を聞きながら、を信条に引き継がれているとのことです。


d0083265_21571877.jpg
確かに香りの高い素晴らしいお味の珈琲でした♪

d0083265_21574191.jpg
ミニサンドイッチはトマト&レタスでサッパリ味!

d0083265_2158193.jpg
ゆで玉子も新鮮なんでしょうね、ツルリとむけました(^^)


丸福珈琲店なんていかにも古めかしい店名ですが、ナニワのコーヒー好きなら誰でも知ってるお店で、創業が昭和9年と言いますから、今年で75年ほどの歴史を持つ老舗の珈琲店です。旧本店が、田辺聖子の小説「薔薇の雨」の舞台として描かれたことでも有名。
d0083265_2211777.jpg
ホットケーキや、ケーキセットなどスイーツも揃えられ、。カフェオレやちょっとしたおやつになるパウンドケーキやクッキー類のプチセットもある意外にマルチな喫茶店です。



店名           丸福珈琲店 (まるふくコーヒー)
ジャンル         カフェ・喫茶(その他)、コーヒー専門店
TEL           06-6223-5961
住所           大阪府大阪市中央区淡路町1-7 日土地堺筋ビル 1F
交通手段        地下鉄堺筋本町駅より徒歩5分
営業時間        [月~金]7:30~20:00[土曜日]9:00~18:00
定休日          日曜・祝日
席数           40席
禁煙・喫煙       全面喫煙可
駐車場 無
設備・サービス     朝食営業、テイクアウトあり

ホームページ      http://www.marufukucoffeeten.com/



食べログ グルメブログランキング ランキング参加中です。クリック!応援よろしくおねがいします。

by mahalotakashi | 2009-04-28 22:02 | mahalo@食卓