本手打蕎麦 夢打庵 (ゆめうつあん)

  十割蕎麦のざるにしておけばよかった・・・

d0083265_20122664.jpg
朝から雨の土曜日、久しぶりに手打ち蕎麦でも食べようか、と言うことで、七面鳥婦人を誘って門戸厄神の方へ車で向いました。
d0083265_20144281.jpg
ビルの2階にある「夢打庵」(ゆめうつあん)と言う、風流な店名のお蕎麦屋さん。
2階にあるお店でこざっぱりした雰囲気の店内は既に八分の入り、やはり年配の方が多いようです。静かで落ち着いています。(店内の撮影は自粛しました)
お蕎麦は信州のそば粉を使用しています、メニューは結構品数が多く、多少迷います。

d0083265_20262458.jpg
「十割蕎麦ざるにしようかな」と呟くと、前に座った七面鳥婦人が「今日は少し肌寒いから、温かいお蕎麦にしたら」と一言。
「では、珍しいから、この釜揚げ蕎麦(¥1,050)にしてみるよ」と指差します。
「私は、厄神蕎麦!(¥980)」いつもハッキリした女人であります。

d0083265_20371760.jpg
釜揚げうどんの亜流と申しましょうか、湯を張った大き目の鉢に茹でたばかりの二八蕎麦が泳いでいます。

d0083265_20325773.jpg
薬味はうずら卵におろし大根、擦り胡麻、素早く写真を撮り終えて、蕎麦をすすります。
最初の一口二口は、うん!と頷くほどの口当たりで、新鮮な美味しさを感じました。

二八蕎麦もそこそこのコシがあり、喉越しもまずまず、出汁もいけます。ところが半分くらい食べ終わったころ、徐々に鉢の中のお湯が白く濁り始めます、同時に蕎麦の方も粘りが出てきたようです。
量がそこそこにあるので時間の経過とともにお蕎麦の表面が融け始めたのでしょうか、最初に危惧したことが現実に起きたようです。
コシの強力な讃岐うどんと違って、蕎麦の釜揚げは美味しいのだけれど、食べ方が難しいですね。それに蕎麦は個人の好みが違い一概に不味い美味しいの評価は大変困難です。

d0083265_2041212.jpg
若布ときざみアゲと青葱の入った厄神蕎麦を食べた七面鳥婦人の感想は、「まあまあね」でした。
隣の席のオジサンをちらりと見ると、美味しそうに十割蕎麦のざるをお食べでございました。

d0083265_20422881.jpg
      次回は真冬でもざるを食べるぞ!と、心に誓うイボイノシシでありました。




          店名        夢打庵 (ゆめうつあん)
          ジャンル      そば
          TEL        0798-52-9922
          住所        兵庫県西宮市門戸荘13-15 ラポール門戸 2F
          営業時間     11:00~14:30 17:00~19:30
          定休日       火曜日
          設備・サービス ランチ営業、日曜営業



          食べログ グルメブログランキング クリックで応援、よろしくお願いします。

by mahalotakashi | 2009-04-25 21:31 | mahalo@食卓