TRATTORIA DA PUPI (トラットリア・ダ・プーピ)

        陽気で明るく親切なマンマが出迎えてくれるトラットリア♪
d0083265_2129355.jpg
南の窓から明るい陽射しが差し込むトラットリア、それ以上に明るい笑顔でオーナーのマンマが歓迎してくれます。テーブルに着くと、メニューの内容を詳しく解説してくれるので初めてのお客さんも安心。子供連れもOKなので気軽に使えるトラットリアです。

d0083265_21353046.jpg
料理は北イタリアのトスカーナ料理を中心に、日本人好みにアレンジされた食べ易くて、
カジュアルなPRANZOとなっています。

今回はお昼のコースメニュー(¥2,800)と、前菜付きのファルファッレ(¥1,300)

d0083265_2144495.jpg
ファルファッレ・Farfalleとは、イタリア語で蝶の意味、蝶の形をしたパスタで、生ハムとカブのクリームソースでしたが結構なお味で堪能できました。

d0083265_21495077.jpg
コースメニューのアンティパストは可愛く盛られた冷菜。プリモピアットのパスタは九条ネギのトマトソース・スパゲッティ、九条ネギとチーズが上手に使われていてとろりとした味わいは中々のものでした。

d0083265_21561137.jpg
セコンドピアット(メイン)は、さごしのオーブン焼き、アーリオとオーリーオ、トマトが良いお味をサポートしており、添えられたポテトもグッドテイスト。ジューシーに焼き上げられたさごしの身は素人にも素材の新鮮さがよくわかります。実に柔らかくて美味しい魚料理でした。

d0083265_21592420.jpg
ドルチェは、トルタパルディーゾ・チョコレートのトルタ・ブラッドオレンジのグラニテの盛り合わせ、甘いもの苦手のイボイノシシはシャーベット状のグラニテだけいただきました。

d0083265_2252671.jpg
仕上げにカプチーノ、このお店のカフェ類はナポリのパルテノペ・エスプレッソ豆を使っていて独特の味と香りが楽しめます。窓越しの穏やかな陽光を受けて飲むカプチーノはまさにイタリアのお味でした。

d0083265_22631.jpg
店内は明るくアットホームな雰囲気、エントランスにある強化ガラスにはめ込まれたパスタのドアが見ものです、マンマが指差しながらエピソードなどを明るい笑顔で話してくれます。一見アッケカランとした態度に見えますが、お客様への気遣いと心配りは大変緻密で、優れたサーブと感じました。

フィレンツェ郊外にしばらく滞在したと仰るマンマとイタリアンのお店談義に花が咲きました。

*パスタ(スパゲッティ)は¥100追加すれば大盛りにしてもらえますよ!


          店名      TRATTORIA DA PUPI (トラットリア・ダ・プーピ)
          最寄駅     夙川、さくら夙川
          ジャンル    イタリアン
          住所      兵庫県西宮市羽衣町7-15
          TEL       0798-22-1003
          営業時間   11:30~14:00(LO)、 18:00~21:00(LO)



           食べログ グルメブログランキング←クリックで応援よろしくおねがいします。

by mahalotakashi | 2009-03-15 09:47 | mahalo@食卓