手打ち蕎麦 有漢や  苦楽園店

     アリガタヤ・ユウカンヤではありません、うかんやです。

d0083265_1530459.jpg
阪急苦楽園口から苦楽園口通りを西へ5分くらい歩いたところにある清楚な構えの手打ち蕎麦屋さんです、有漢やと書いてうかんやと読みます。

d0083265_1532034.jpg
入口を入ってすぐ右手にガラス張りの仕事場があります。店内は黒を基調にした粋なインテリアで作家物の器や幕末頃の伊万里など、新古陶磁がさりげなく飾られています。

d0083265_15383881.jpg
カウンターと半個室様式のテーブル席が3席、シックな雰囲気が漂います。
最奥のカウンターに座りました目の前に大きな羽釜が有りこれで蕎麦を茹でるわけです。
ご主人で蕎麦匠の戸田幸信さんと向かい合う形になります。
d0083265_1540879.jpg
戸田さんは蕎麦通の間で有名な「一茶庵」の片倉康雄、英晴氏に師事され、心を込めて蕎麦を打つことを学ばれたそうです。
お陰で貴重な蕎麦文化についてのお話などが聞けました。


d0083265_15415098.jpg石臼挽き・自家製粉の手打ちで、十割と二八蕎麦がメイン、玄蕎麦は信州、北海道、福井、茨城などの名産地から取り寄せブレンドしてその日最も美味しくいただける蕎麦を打っているそうです。十割蕎麦は信州、二八は茨城です。その日使う蕎麦の産地を書いて張り出しています。



本日は「生粉打十割蕎麦」(¥1,050)と二八の「梅花そば温」(¥1,200)を頂きました。

d0083265_15495746.jpg
十割蕎麦はしっかり打たれたコシのある味わい、量は少なめですが200円追加すれば大盛りにしてもらえます。

d0083265_15511891.jpg
二八蕎麦は喉越しの良い滑らかな細打ちで海苔と大きな梅干がサッパリした食感。
自家製粉手打ち蕎麦らしいそれぞれ満足のお味でした。

d0083265_15542727.jpg
最後に出された蕎麦湯はとろりとした優しい味でそばつゆとベストマッチ!でした。


d0083265_1557922.jpg
ご主人の戸田さんにブログで取り上げられる感想をお聞きすると「お客様はどなたも個人的好みがあり、全ての方に気に入っていただくのは難しいですね。でも厳しいご意見も参考にさせていただいてますよ」と優しい笑顔で話してくれました。


               店名      有漢や (うかんや)
               ジャンル    そば
               TEL       0798-73-7776
               住所       西宮市南越木岩町17-7 ラ・クーナ1F
               営業時間    11:30~14:00 17:30~21:00
               定休日     月曜(祝日の場合は翌日)
               席数       19席
               駐車場     有(4台)
               サービス    ランチ営業、日曜営業

               食べログ グルメブログランキング 応援ぽちっ!よろしくおねがいします。

by mahalotakashi | 2009-02-11 21:07 | mahalo@食卓