Trattoria & Pizzeria il Boschetto (イル・ボスケット)

  賛否両論、評価の分かれるイタリアン

d0083265_23254322.jpg瓦町にそびえる日本一背の高いマンション、その真下(東側)にあるイタリアンのお店です。
トラットリアとピッツェリアの看板を掲げオープンしたのですが、元々ナポリの有名ピッツェリアである「ダ・ミケーレ」と業務提携していたのが提携解消したため、こだわり派のお客さんから厳しいブーイングを受けているようです。




d0083265_23294887.jpgダ・ミケーレ自体、日本で言えば讃岐うどんの名門店みたいな存在、こだわる人には絶対的存在のお店のようですが、名前も知らない日本人の方が多いでしょうね、勿論イボイノシシもよく知りません。
「エッ!ダ・ミケーレを知らないの!うそお~!」と叱られそうですが、イタリアへ行って「エッ!立ち食いの阪急そば知らないの!牛丼の吉野家知らないの!ウソでしょ~!」とイタリア人を軽蔑するようなものではないでしょうか(^^)



d0083265_23374361.jpgこだわることも時には必要ですが押し付けと知ったかぶりは、一つ間違えると嫌味になります。
ブロガーとしては常にその辺のことは最低のマナーとして心がけねばなりませんね。
賛成派からは素直に「美味しいピザやん♪パスタも美味しいし・・」と評判は良いようです。
そこで、土曜日の午後真相を確認すべく友人と問題のイル・ボスケットに出かけてみました。



d0083265_23442575.jpg
イボイノシシの調査目的は、★美味しいか不味いか★サービスは良いか悪いか★値段はどうか・・・の3点のみ。

d0083265_23511978.jpg土曜日」ということで、お客さんはちらほら3組ほど、出迎えてくれたホールスタッフの青年にノッポマンション側のテラス席をお願いすると、「少し寒いと思いますが・・・」と気を使ってくれます。



d0083265_2358387.jpg「ブログ用の写真撮影したいんだけど」と伝えると「かしこまりました」とテラス席のガラス戸を開けてくれました。
平日に出されるランチセットは無く、アラカルトからのチョイスになります。
「友人にダッチカウント(割り勘)でいこうや」と提案して、ともかくオーダーします。


d0083265_084424.jpg
 まず、自家製ピクルス¥380 アンティパストの中で最も安かったから(^^;)
カラフルな彩りで次の料理への楽しみを増してくれます。

d0083265_093654.jpg
 売り物のナポリピザ、マルゲリータ¥1050
d0083265_010641.jpg
薄めの生地に水牛のモッツアレラチーズが馴染み、結構美味しさを感じるピザです。

d0083265_01604.jpg
パスタはタリオリーニ、鱈の白子と芽キャベツのソース¥1680
d0083265_0163165.jpg
しっかり締まった芽キャベツと旬の鱈の白子の組み合わせは意外性もあって楽しめました。

d0083265_0225016.jpgd0083265_023239.jpg









エスプレッソとカプチーノは両方で¥800くらいでした、よく覚えていません^^。

シェフがドリンクを持ってきて挨拶してくれます、自然体の応対でサービスは良いお店の部類に入るのではないでしょうか。

結論からいいますと、サービス=OK! お味=OK! 料金=若干高いかな?

まあ、そんなところでした。

聞きかじりの薀蓄でどうのこうの言うようなお店ではないようです。
堺筋本町の昼間住民からみれば月に1回くらいは行ってみたい、それなりのお店というところですね。

        店名      Trattoria&Pizzeria il Boschetto (イル ボスケット)
        ジャンル    イタリアン、ピザ
        TEL      06-6203-4877
        住所      大阪府大阪市中央区瓦町1-5-11 ループビル 1F
        営業時間   11:30~15:00(L.O.14:30)
                 17:30~23:00(L.O.22:00)
        定休日     月曜日(祝日の場合は翌日)
        設備・サービス ランチ営業、日曜営業

by mahalotakashi | 2008-12-06 23:59 | mahalo@食卓