旬夏秋冬 堺筋本町店

   安土町の旬夏秋冬がワンコインで温か手作りのテイクアウト丼売ってます。

    堺筋の東一筋目の道路を北浜の方へ北上すると、本町通りを越して安土町・
    備後町・瓦町・淡路町・平野町と続きます。
d0083265_22384624.jpg
 瓦町から平野町にかけて日本一の高さを売り物にしたマンションが続々と建設中です。
 それを見るたびにいつも頭の中で、この不況の時代に買い手は付くんかいな・・・
 ローン組めるの・・・大地震がきたらどうすんの・・・等々、イボイノシシには全く関係のない
 どうでもよいことを心配します。

d0083265_22424635.jpgそれより今日のランチのほうがよっぽど重要かつ深刻な問題や!というわけで北へ進みます。
本町通りを渡ったところに以前紹介したことのある
イタリアンバールきゃとるず』のテイクアウトスパゲッティ¥500の看板がいつものように置かれています。その横に、見かけない立て看板が並んでいました。

きゃとるずの隣の旬夏秋冬(しゅんかしゅうとう)という和食創作料理のお店の看板でした。
d0083265_22543664.jpg
ちょいと興味をひかれて路地の方へ入ってみました。
スパゲッティのきゃとるずは相変わらずの人気、店内は順番待ちのOLさんがワンサカ!
その隣の旬夏秋冬の店先に少し線の細い、でもチャーミングな顔をした店員さんが一人
「いらっしゃいませえ~お持ち帰りの丼はいかがでしょうかあ~」と連呼しています。

d0083265_23144363.jpg 誰も立ち止まる人はいません、そのたびにチョット悲しげな表情の女子店員さん。
ぼんやり歩いていたイボイノシシと思わず視線が絡んでしまいました「アチャア~!まずい!」と思いましたが立ち止まってしまいました、女子店員さんがとてもとても嬉しそうな表情で「いらっしゃいませ!!」と可愛い笑顔になりました。

若い、可愛い女性にこれほど爽やかな笑顔で見つめられるのは、頻繁に北新地やミナミに通っていたバブル時代以来ですから少々ドギマギしました。

     オジサンとお嬢さん、2人で向かい合ってしばらく立ち話。
     「寒いのに大変だねえ~売れてる?」
     「ありがとうございます、ボチボチですね」
     「隣のマネして500円どんぶりを始めたの?」
     「よくわからないのですけど、そうかも知れません・・」
     「美味しいの?」
     「美味しいですよ~!ぜひお買い上げください」
     ******以下省略・・変なことは言ってませんから、ご心配なく。(^^;)

d0083265_23194234.jpg そういう経緯でともかくテイクアウトの日替わり丼2種類のうち「紅鮭と高菜のマヨ丼」を注文、500円玉渡してお店の前で待ちます。店員さんはお店の中に入ってオーダーを通します。
隣のイタリアンと同じく受注生産(笑)のようです。



d0083265_23243111.jpg 出来上がりを待つための椅子も用意されていますが、だれもいません。
立ったまま女子店員さんとお喋りしました。
「いつか君が店の前に立たなくても、お客さんが大勢来てくれるようになったらいいね^^」
4~5分待ってやっとどんぶりが出来上がりました「またぜひおこしください♪」女子店員さんの明るい声に送られてオフィスに戻りました。



d0083265_23332882.jpg応接室に紅鮭と高菜のマヨ丼を持ち込んでゆっくり味見です。
少しワクワクします。
お茶のペットボトルをコンビニで買ったから結局
本日のランチマネーは¥647であります(^^;)




     フタをあけると、ふわあ~とした好い匂いがします、ご飯も温かです。
d0083265_2335276.jpg
     ほぐした鮭の身は小骨が処理されていてふんわり柔らか、あったかいご飯
     の上に刻み海苔と細かく切られた高菜が乗せられています、マヨネーズの
     ラインがなんとなく今風です。

d0083265_23405587.jpg
薬味ネギと福神漬けのようなものも入っています。紅鮭と高菜の重なったところをパクリといただくと、これが結構調和のとれた良いお味「うん!いけるがな!」思わず声をあげました。

温かご飯にひんやりした高菜、それに柔らかい鮭のフレークがとても良いハーモニーを醸し出しています。

d0083265_23422855.jpg
流石に創作料理のお店だけあって、ただ見た目だけのどんぶりにあらずお味の方も十分堪能できました。

d0083265_23441234.jpg
     注文を聞いてから作ってくれる手作り丼はやはり美味しい♪
     弁当屋さんやコンビニとは一味違うお味でした、ご馳走様!

「あの子(女子店員さん)寒空の下で冷えてないやろか・・」
マッチ売りの少女ならぬ、丼売りのお嬢さんがとても気になるイボイノシシでした。




     店名      旬夏秋冬 堺筋本町店 (しゅんかしゅうとう)
     ジャンル    居酒屋、魚介料理・海鮮料理
     TEL      06-6261-0809
     住所      大阪府大阪市中央区安土町1-6-19 プロパレス安土町 1F
     営業時間   月~金 11:30~14:00 17:00~23:30(L.O.23:00)
                土 17:30~23:00(L.O.22:30)
     定休日     日曜・祝日
     駐車場     無
     設備・サービス 飲み放題有、ランチ営業、夜10時以降入店可、テイクアウトあり
     ドリンク 焼酎あり、日本酒あり

     食べログ グルメブログランキング ←優しい店員さんのために、ぽちっしてください(^^;)

by mahalotakashi | 2008-12-04 23:53 | mahalo@食卓