海を渡った十勝だいこん   ☆イボイノシシの仕事の話☆

d0083265_2114386.jpg
                   (Log Carrier KOB QUEEN  画像提供 近海郵船北海道㈱殿)


d0083265_21143738.jpgいつも、なんとかなるさブログにご訪問いただきありがとうございます。
以前から見ていただいている方はご存知だと思いますが、イボイノシシの仕事(勤務先)は「輸送業」です。
陸と海と空で活躍している北海道本社の企業の大阪営業所に勤めています。
今日は仕事絡みの美味しい話を少々・・


                             ダイコンの選果工場。JA豊頃町の「十勝だいこん」
                                     のブランドを支えています。 (JA豊頃町提供)



突然ですが、十勝だいこんってご存知ですか?

d0083265_2149521.jpg
北海道十勝支庁、JA豊頃町の「十勝だいこん」は全国的にも名が通った、20年来はぐくんできたブランドです。
1986年に新規作物として栽培を始め「長くて真っすぐ、肌のきれいなダイコン」をキャッチフレーズに生産してきました。
88年には専用の選果施設を整備、1日で最大120トンの処理能力を持ちます。
 ダイコンの高付加価値化に成功できたのは安定供給と高品質を徹底したため。
種付けから出荷までに約60日間を要しますが、同JAでは、は種計画を基に出荷計画を立て、4月に種付け、6月に販売を始めます。各農家が育てたダイコンはすべて選果場に集めて品質管理を徹底、商品価値の維持に努めます。


d0083265_220445.jpg 出番です!

旬を過ぎた十勝だいこんの次の仕事先は全国の漬物加工場や食品工場、ここからイボイノシシの会社の出番となります。
20トン積みのトレーラーで十勝大根が入った1トンフレコンバックを回収、釧路港からRORO船にそのまま台車(シャーシ)を積み込みます。
ここまでの仕事は釧路営業所の仕事。
RORO船は大阪を目指して太平洋を南下します、到着日時や数量はCPで即座に連絡されます。
大阪南港では、シャーシを牽引するトラクターがスタンバイ、本船の入港を待ちます。
「RORO・・・ろーろー船ってなに?」という方が多いと思いますので、簡単にご説明いたします。

d0083265_22251189.jpgRORO船(ろーろーせん)とは、ROLL-ON/ROLL-OFF(ロールオン・ロールオフ)型船舶の略称です。
 ロールオン・ロールオフとは、車両が自力でタイヤを転がして乗船し(roll on)、下船する(roll off)することを表します。貨物を積載した車両が乗船することもあれば、車両そのものが貨物のこともあります。

d0083265_22284328.jpg カーフェリーも基本的には同じタイプの船ですが、RORO船の場合は、一般客室がなく貨物専用船であり、車両の積み卸しは専門の港湾荷役業者が行う点で、カーフェリーとは異なります。
ともかく無事に十勝だいこんは24時間で、大阪南港に到着しました。


大阪に到着した「十勝だいこん」はその日のうちに和歌山の工場へ運び込まれます。
もちろん和歌山までの配達もイボイノシシの会社が責任を持ってお届けします。
今問題になっている食品危機とは全く関係ない「産地直送」システムです(^^)

d0083265_22423650.jpg
和歌山の工場で十勝だいこんは、べったら漬けに変身して消費者の皆様の食卓に上がります。「今年も宜しくお願いします」と、和歌山の工場まで挨拶に伺った所長が山ほどの製品を抱えて戻ってきました。
もちろんお客様のご好意で無料で頂いたプレゼントです。
営業所全社員がありがたく頂き、自宅へ持ち帰ります、嬉しいですねえ~(^o^)


 「ただいまあ~、今年も十勝からプレゼントだよお~ん」
d0083265_22572040.jpg
 ポリポリ!ぱりぱり!七面鳥とイボイノシシが顔を合わせて目がへへの字・・・

  2人の頭の上を十勝平野のそよ風がフッ・・と、吹いた感じがしました。


                    食べログ グルメブログランキング ←ぽちっ♪おねがいしますね(^^)

by mahalotakashi | 2008-09-30 23:23 | mahalo@仕事