関西炒飯考 (チャーハンを追っかけてみましょうか・・・)

d0083265_1544587.jpg

チャーハンとは白飯を様々な具と共に油で炒めた料理で、日本に深く浸透しています。
焼飯(やきめし)、炒飯(いためし)、炒めご飯(いためごはん)などともよばれています。
また類似した料理は東アジアと東南アジアで広く見受けられ、例えば朝鮮半島ではポックムパプ、タイ王国ではカーオパッ、インドネシアとマレーシアではナシゴレンとして定着しています。
中国語の音表記はチャオファンに近いですね、今回はこのチャオファン、すなわち中華料理店の炒飯をレポートしてみることにしました。

 中華料理屋のメニューとして
庶民的・大衆的な中華料理店では欠かす事のできない定番メニューで、メインメニューとしてもサイドメニューとしても需要があります。
単品のチャーハンは、庶民的な飲食店では搾菜(ザーサイ)や紅しょうが、スープがセットになっていることが多いですよね。
半分のチャーハンは「半チャン」(はん-)と呼ばれ、半チャンラーメン、半チャン餃子という名のセットメニューは定番となっています。
チャーハンとラーメンを単品として同時に注文した場合、チャーハンのスープが省略されることも多いようです。
昨今はチャーハンに中華スープをかけて食べるスープチャーハンも、本格的な中華料理店を中心に人気が出てきましたね。


           麺類・酒処 知床  堺筋本町
d0083265_21144758.jpg
さて、手始めに訪れたのは会社の南向かい、船場センタービル地下の飲食街にある、知床(しれとこ)というお店。
昼間はラーメン付きの定食、夜は居酒屋に変身、この辺り定番のスタイルのお店です。
一応「味噌ラーメン・サッポロ風」が売りの中華屋さん、或いはラーメン屋さんと言いましょうか、店内は和風でどことなく落ち着かないような、落ち着くような、中途半端といえば中途半端です(^^;)
それでも結構永い付き合いです、行列が出来るほどの人気店じゃないけどガラガラでもない、ちょいとラーメンでも・・・と思ったとき、足が自然に向うお店です。

オープンキッチンで大将が一人調理に専念、奥様と思われるご婦人と、同年輩のおばさんが2名、お世辞にも綺麗なお店、高級な料理店とは言えないのですが、なんとなく入店してしまいます(^^;)

d0083265_21285861.jpgd0083265_21292866.jpg














このお店のおばさん達(大阪のオバチャン)手が空くとかなり大きな声で店の外へ向って、
「いらっしゃあ~い!」「お席空いてますよう~!!」と呼び込みをします、数軒先のレストラン内のお客さんにも聞こえるくらいの大声です・・
(大阪のオバチャンはなぜか、声が馬鹿でかい^^;)
その大きな声を聞きながら「焼きめし定食」をいただきます。
そう!ここ知床では炒飯ではなくて、焼めしなんです。

d0083265_21424162.jpg
焼めしはお茶碗一杯分くらいの小ぶりなもの、サイコロみたいな冷奴と付属のラーメンが付いています。焼めしにはしっかり「紅しょうが」が乗っかっています。

d0083265_21584143.jpg ところでここの付属ラーメン、醤油味なんですが・・
メッチャクチャに美味しい!旨過ぎる!!
(お店の売りは味噌ラーメンです・・)
但し、メッチャクチャ美味しいのは最初の2口まで。
3口目からはなぜかごく普通のラーメン味になってしまいます。これって未だに解き明かされない謎です。
1口目に麺のシコシコ感、2口目のまろやかスープ味、
3口目・・・わかめやもやしが少し邪魔をして、チャーシューの分厚さと脂気の無さに落胆します。


 話が横道に逸れてしまいました、炒飯に戻りましょう(^^;)
d0083265_22313286.jpg
 炒飯でもない、焼飯でもない、チャオファンでもない、焼めしと名づけられたこの知床の、
 お料理は、その名の通り「めし」でした。

 子供の頃におかんが「早よメシ食べよ!」と茶碗によそってくれたメシそのもの。
 しっとりとした粘り、米粒と米粒が恋人のようにくっ付いて離れようとしない「めし」みたい。

 パラパラ感の無い、焼めしはそれなりに日本の味と申しましょうか・・・・(><;)

 100点満点で、60点としておきます。

今後も一般ランチ(?)の合間に「炒飯」を挿入してみます情報あればコメントくださいね。


          店名      知床 (麺類・酒処 しれとこ)
          ジャンル    ラーメン、居酒屋
          TEL      06-6261-2012
          ※お問い合わせの際は「"食べログ"を見た」とお伝えください。
         住所      大阪府大阪市中央区船場中央1-3-2
                  船場センタービル2号館B2-251号
         営業時間   [月~土]10:00~22:00
         定休日     日・祝日 席数 42席  駐車場 無


          食べログ グルメブログランキング

by mahalotakashi | 2008-09-26 23:08 | mahalo@食卓