井出商店(和歌山ラーメン)に行ってきました。

南紀小旅行の帰り道、以前から気になっていた和歌山の有名ラーメン店を訪ねました。

d0083265_206279.jpg
今から10年ほど前、あるTV番組で「日本一うまいラーメン店」となったことで全国的に有名になり、新横浜ラーメン博物館に出店すると人気沸騰!、和歌山ラーメンの存在を一気に広めた立役者でもある「井出商店」です。
その実力と人気度はは言うまでもなくトップクラスです。

詳しくは、新横浜ラーメン博物館のHPをクリックしてみてください。                       http://www.raumen.co.jp/home/shop/ideshouten.html

和歌山市内中心部で、交通 量の多い 国体道路(北大通り)田中交差点の角にある古い民家を改造したトタン屋根のお店は、初めての人には意外に感じるほど質素な構えです。

d0083265_20125495.jpg










店内はそんなに広くなく、真中に8人掛けのテーブル、両脇に5人掛けのカウンターが2列だけの手狭さでした。

応対してくれた女性店員の方に、いつものように「ブログ写真の撮影」をお願いして、真中のテーブルの端のほうに座ります。
平日の午後四時ごろだったのでお客さんはまばらで、4~5人ほどの入りです。
土日などは数十人程度の行列が出来るそうですが、この日はラッキーでした(^^)

d0083265_2021539.jpg










メニューは中華そば(600円)と特製中華そば(700円)、それぞれ大盛り、そして玉 子(50円)と、和歌山名物のすし(150円)と、いたってシンプル。
和歌山ではラーメンのことを「中華そば」と呼びます。

今回は普通の中華そばと、特製中華そば(手前)を注文しました。
d0083265_20302848.jpg











  特製と普通の違いはチャーシューの量、特製の方がいわゆるチャーシュー麺。
d0083265_2047098.jpg

お味はさすがでした、強火で炊きすぎて濁ってしまった失敗作のスープが美味だったことから完成したと言う井出商店名物の濁りスープは、見た目にはねっとりした脂っこさを感じますが、独特の魚介系のトンコツ醤油スープとでも言いましょうか、後味の良い意外にサッパリした口当たりで感心しました。

d0083265_20502670.jpg
麺もほどよいこしと太さで、スープと非常によく絡みます。
さらにチャーシューもイボイノシシ好みの薄切りでとろけそうなジューシーさは、かなり高いレベルだと思いました。

半分くらい食べ終わったころに店主の井出さんがヒョッコリ現れて、『ありがとうございます、お味はどうですか・・』と笑顔で話し掛けてこられました。

「和歌山ラーメンを全国に広めたパイオニア、実力がある井出商店」
『ラーメン界の王者』こと井出商店、殿堂入り間違いなし。
「和歌山『井出商店』は単なるブームでは終わらない!!」
など、ブログやグルメ情報で絶賛されているお店の店主は、意外なほど物腰の柔らかい、温かい感じの紳士でした。

d0083265_21192516.jpg












頂いた名刺には「有限会社 井出商店」と記されています。
お名前は「井出 紀生さん」まさに紀州生まれの紀州育ち、純正和歌山人です(笑)

怖いもの知らずというか、ラーメンのことはあまりよく知らない七面鳥夫人が、『ご主人は何代目?』と、不躾(ぶしつけ)な質問をします。

『二代目なんですよ、初代は私の母親です、この近くで屋台の中華そば屋をしていました』
それを機会に色々なお話しが聞けました、会話も弾みこの人(井出さん)は根っからの職人タイプだなあ・・と深く感銘を受けました。

d0083265_2122063.jpg
最後に、「お店を増やす計画はないのですか?」とお聞きすると、きっぱりと『ありません!』
『和歌山のお客さんに育てられて、ここまで来た店ですし、チェーン店にすると味の管理ができません、ここで腰を据えてもっと美味しい中華そばを、お客様に食べて頂くのが、職人である私の願いなんです』少年のような笑顔で、熱く語られました。

最後に記念撮影をしてお店を出ました、中華そばの美味しい後味を楽しみながら・・(^^)


            店名      井出商店 (いでしょうてん)
            ジャンル    ラーメン
            TEL       073-436-2941
            住所      和歌山県和歌山市田中町4-84
            営業時間   12:00~24:00
            定休日     木曜日

             食べログ グルメブログランキング



d0083265_21313091.jpg
 井出商店を出て小一時間、阪神高速道路湾岸線、淀川の上で迎えたサンセット!雨もあがり清々しい秋空が「お帰り!」と声をかけてくれたような気がしました。
 今回の南紀小旅行は中身の濃い、そして嬉しい出会いと、美味しいものとの巡り会いが多かった充実した旅になりました。
日本もまだまだ捨てたものじゃありませんね(^^)
これからもチャンスがあれば、そして、体力があれば、あちらこちらと訊ねたいです♪

by mahalotakashi | 2008-09-20 00:10 | mahalo@食卓