ロイヤル・ポンパドウル・レストランラウンジ、  またまた、空振りしました(^^;)

人生なんていつもいつも思い通りに行くものではありませんよね(^^;)
自分中心主義で生きるのも時には必要(特に若いときは・・・自分に自信を持ちましょう)
しかし、度を過ぎた思い込みや自分勝手な判断は時として、思いがけないしっぺ返しを
くらう時があります。
何かを選ぶ時や、相手に発言するときは特に慎重になりましょう(●^^●)




d0083265_0171040.jpg
御堂筋の得意先からの帰り道、路上に立っていた看板に目を惹かれました。
イタリアカラーに南欧家庭料理、イタリア料理、スペイン料理・・・ビルの地下にあります。
こんなところにこんなお店があったとは、全く気がつきませんでした。

時計を見ると12:30、[ええ店発見や!]ワクワクしながらビルの地下へ降ります。

d0083265_0192671.jpg
お店の入り口にはにこやかなマンマの人形が出迎えてくれます、その周りに料理の写真メニューがずらりと並んでいました。

d0083265_0195633.jpg
スパゲッティ・ローマセットの写真、パスタはペスカトーレ風のトマトソース、海老やイカが入って美味しそう!それにブルスケッタ(オープンサンド)野菜サラダ、ドリンクが付いて、なんと800円!ポッキリ♪

d0083265_0203132.jpg
「ほんまかいな!?」と思いながらも、お店に入りました。

結構広い店内、かなり凝ったアールデコ調の家具やソファー、お客さんは中年の男性が2名だけ、一人だけのホールスタッフの女性にローマセットを注文。

「趣味でランチブログを楽しんでいるのですけど、料理の写真取らせてもらって良いですか?」
とお訪ねすると、即座に
「ダメです!写真はお断りしています!」
と、かなりおっかない顔できつく言われました。

なにが気に入らないのか凄い剣幕でした。少しムカッ!としましたが・・・・

お店にも色々事情や方針があると思います、先日のフランス人オーナーシェフの場合は、他のお客様に不快な思いをさせたくない、ということで私の撮影を笑顔でやんわりストップさせました。これは理解できます。

今回はお客様も少し離れた席に2人だけ、フラッシュも焚かないし、特に邪魔にはならないと思ったのですが、お店側の要望を尊重することにして、出しかけたカメラをバッグに仕舞いました。一見の客がフラリと入って来て、いきなり写真を撮らせろ、と言うのもお店側から言わせればこれもムカツクことかも知れませんよね、よくわかります。

でも、食事が始まってから最後のコーヒーまで、ジィーと監視するのはどうかな・・

落ち着いて店内を見渡すと、各テーブルの上にガラスの灰皿と爪楊枝立て、ソース、・・・
ミスチョイスだったかな・・・と、少し反省。

d0083265_0212933.jpg
ローマセットが運ばれてきました、細長いプレートに野菜サラダとブルスケッタ、小さなパンの上にトマトとレモンの輪切りが乗っていました。
直ぐにスパゲッティがテーブルに置かれましたが、お店の外で拝見した写真とは全然違っていました。
オイルソースのパスタ(柔らか目・水っぽい)に、おくらとピーマンの刻んだものと、小粒の帆立貝(冷凍?)玉ねぎ・・・・

ローマに行っていなかったら「へえ~・・これがローマの味か!」と、思うかもですね(^^;)

お店には大変申し訳なかったのですが、半分以上残してしまいました。ゴメンナサイ!
コーヒーに入れる砂糖も壺の中で石のようになっていました。

800円お支払いして早々にお店を出ました。

結局、写真を撮るな!と言ったのは、「看板に偽り有り!」を認識してたと言うことでしょう。
寂しい生き方してますね・・・

d0083265_02228100.jpg
地上に出て少し先にあるのぼりに書いてあった、スパゲッティの文字、これを先に見ていたら・・このお店に入ることは絶対に無かったのですが・・・
南欧家庭料理の看板もよく見れば、大阪の電話番号の頭に(6)が付く以前のものでした。

リーズナブルで美味しくてサービスの良いランチを探す旅は、まだまだ続きそうです(^o^)


店名      ロイヤル ポンパドウル レストランラウンジ (南欧家庭料理)
最寄駅    堺筋本町
ジャンル   イタリアン、欧風料理、パスタ
住所      大阪府大阪市中央区久太郎町2丁目5-28 久太郎町恒和ビル B1
TEL      06-6244-9430

'08/08/19 ('08/08訪問)



ファイブスタイル ブログランキング

by mahalotakashi | 2008-08-20 00:33 | mahalo@食卓