娘の出産祝いのついでに、ちょいとイタリアンランチ、加古川・LA DOLCE VITA

日曜日は予定通り娘(Uco)の入院している加古川市の産婦人科へ行きました。
新しくデビューした孫の顔を見るのが一番の楽しみ、加古川の東岸にある緑に囲まれた瀟洒な建物の落ち着ける産婦人科病院です。
玄関の右手に大きな人工池があり、錦鯉がゆったり泳いでいます。
d0083265_16595254.jpgd0083265_1703618.jpg









長男の孫娘2人もこの病院で産声を上げたので、今回で3回目の訪問となりました。
d0083265_17132596.jpg
 7月30日の朝、体重3696gで元気に飛び出してきた赤ん坊はミルクをタップリ飲んでスヤスヤお昼寝中、ママ(娘)も思ったより元気で一安心しました。
今週の木曜日から西宮の我が家へ赤ん坊共々静養に来る予定です。

d0083265_1804370.jpg
 それでは今日もランチタイムブログです。
病院への道すがら、フランス国旗とイタリア国旗を左右に掲げたレストランを発見!
「面白そうじゃないか、入ってみようよ」と七面鳥夫人を誘いました。
d0083265_1811560.jpg
トラットリア・ラ・ドルチェ・ヴィータ、と言うお店。
店内からは窓越しに山陽新幹線の高架が眺められます。超特急を見ながら食事が楽しめるなんてユニークじゃありませんか(^^)

d0083265_18184474.jpg
ランチは4種類ほどありましたが、いつものとおりリーズナブルなランチを2種類注文。

d0083265_18202851.jpg
アンティパスト、パスタ二種類、セコンドピアットにスズキのポワレ、ドルチェ一皿、ドリンク2杯をチョイスして合計で、3250円でした。

             ソーセージと茸のトマトソーススパゲッティ
d0083265_18305624.jpg
d0083265_18312494.jpg
いわゆる長屋風店舗の真ん中に位置するお店で、うっかりすると通り過ぎてしまいそう。
店内は打ち抜きのコンクリートにダクトや扇風機をあしらった現代アート風インテリア、バールも併設しています。

表の掲示板に「フレンチ&イタリアンの家庭料理の店」と書いてありましたが、ご家族で経営されるアットホームなトラットリアでした。

息子さんがシェフ、少しご年配のお父さんがホールスタッフとしてガンバッテいらっしゃいます飄々として味のあるお方でした。
お母さんがレジと下ごしらえなどをされていらっしゃいました。
d0083265_18315096.jpg


               アサリとキャベツのペペロンチーノ
d0083265_1837788.jpg
アンティパスト(前菜)は簡単メニューでしたが、パスタは南イタリア風仕立てでしっかりした味付けと茹で加減、オーリオやチーズも本場仕込みの納得できるお味です。
d0083265_18374341.jpg



                スズキのムニエル・ピストソース
d0083265_1913947.jpg
セコンドピアット(メイン料理)のスズキのポアレは間違いなくフランス風でした。ピストソースが魚の旨味をより際立たせていました。
d0083265_19134571.jpg



d0083265_1914151.jpg
極めつけは最後のデザート、イタリアンのパンナコッタにかけられたフレンチカラメルソースは七面鳥夫人の目を細めさせるほどの一皿でした。

d0083265_19144846.jpg
これから出会う孫の話しなどをしながら、のんびりと日曜日のランチをいただきました。

          店名      LA DOLCE VITA (ラ ドルチェ ヴィータ)
          最寄駅    山陽電車 浜の宮駅
          ジャンル   創作料理、イタリアン、フレンチ
          住所     兵庫県加古川市別府町新野辺北町6-38 L.Y104
          TEL      079-435-0892
          営業時間  11:30~14:30(L.O) 18:00~22:00(L.O)


ファイブスタイル ブログランキング




普段より少し変わった味わいを楽しんだ後、加古川沿いの病院を目指します。
d0083265_19151480.jpg
病院の池で伸びやかに泳ぐ鯉たちのように、新しく家族の一員になった孫君も健やかに成長してくれることを願いました。

by mahalotakashi | 2008-08-04 00:05 | mahalo@食卓