タパタパタパス、スペインバールでタパスを楽しみました。 2008年6月17日

    エキゾチックでアットホーム、好い感じのスペイン料理のお店です。

  父の日の夜、阪急神戸線沿いにある「タパタパタパスTAPATAPATAPAS」と
  いうスペイン料理店に私たち夫婦と娘夫婦+お腹の赤ん坊(^^)で押しかけました。

d0083265_23245786.jpg

d0083265_23322100.jpg

    お店を入って直ぐ右手にイベリコ豚の腿がぶら下がっていて、一瞬「ドキリ」
    とさせられますが店内はとてもアットホームで和やかな雰囲気です。

    キッチンの前にカウンター席、奥にテーブル席全部で20席くらいのこじんま
    りしたBAR(バール)です。あらかじめ予約をいれておいたので奥のゆったり
    した席に案内されました。
d0083265_23323774.jpg


 パエジャは早めにオーダーします。
 スペイン料理店にいけばいつもそうするのですが、調理に時間のかかるパエジャは席
 に着くと同時に注文しておきます。それからパエジャが出来上がるまでの間はゆっくり
 タパス(つまみ・小皿料理)でワインを楽しむのが定番です。
d0083265_23494441.jpg
 メニューボードの左半分が冷製のタパス、右が温かいタパスです。
 お昼に焼肉をたらふく食べたので、皆さんあまり食欲が無いようですが、タパスなら
 量的にも知れているし、珍しさもあって次々にオーダーが出ました(^^)
 タパスは一皿450円~1000円くらいで、意外にリーズナブルです。

d0083265_23501182.jpg
                     イワシの酢漬け

d0083265_23503499.jpg
                   じゃが芋のアリオリ風味

d0083265_2351551.jpg
                       オクラのフリット

d0083265_2351296.jpg
                   レバーペーストのパンタパス
                       サラミハム
d0083265_23515782.jpg
                 ムール貝と野菜のビネガー風味

d0083265_23522598.jpg
                     イカのリングフライ


   食べて、飲んで、お喋りしている間に本日のメイン、パエジャの登場です。
d0083265_23524767.jpg
  鶏肉や魚貝のパエジャがありましたが、今日は四人なのでミックスパエジャにしました。
d0083265_2359643.jpg
 程よくコンガリと仕上がったパエジャ、少しオリーブオイルが多すぎるかな・・・と感じましたが、全員で残さず食べ終わりました。

 ご夫婦お2人で経営されてるお店で、この日は奥様が一人で奮闘(私たちの居る間)
 とても明るい方で、笑顔を絶やさず気持ちの良い応対でした。

 このお店は2~3人以上でお出かけになるのが良いと思いますよ(^^)


タパタパタパス TAPA,TAPA,TAPAS
住所   兵庫県西宮市若松町3-1
      リビエール夙川1F101
最寄駅  さくら夙川駅 ・阪急夙川駅
電話    0798-70-5765
営業時間 夜のみ
定休日   水曜日


タパタパタパス (TAPATAPATAPAS)

グルメ ブログランキング
←ぽちっと、おねがいします(^^)

by mahalotakashi | 2008-06-17 00:01 | mahalo@食卓