コンビビオ・Convivio[イタリア料理]     2008年6月14日

  会社から三番目に近いイタリアン・コンビビオ
d0083265_223891.jpg
 美人女性シェフが腕を振るうトラットリアです。シェフであり、日本ソムリエ協会認定ソムリエでもある、宗河美幸さんが目指すのは、あたたかくて優しい店。サラダ野菜やハーブは産地直送の低農薬で安心安全。以前から気にかかっていたお店です。

d0083265_22582955.jpg イワシで鯨を釣る!
 そんなつもりではなかったのですが、先日会社から二番目に近いイタリアン、サグラに招待したM社のM所長が『この前のお返しに』と、専務さんと一緒に会社を訪れディナーのお誘いを受けました。
 仕事の話は結構厳しいリアルなやりとりでしたが、終わればお互いサラリーマン。歳の近い専務さんとはなんとなく気が合います「イタリアンでもどうですか・・・」で、話がまとまりコンビビオを選びました。

d0083265_23111481.jpg 間違ってたらゴメンナサイ!
 コンビビオ(Convivio)ていうのは、四月に訪れたフィレンツェの
エノテカ(ワインショップ)の女性オーナーと、買うの買わないともめたときに、結局戻したワインのうちの一本だったと記憶しています。
トスカーナワインでイボイノシシが今も心残りのヴィーノです。
 そのワインの名前をお店に付けたとしたら、中々のものです(^^)
会社から真東に歩いて5分ほどで到着、お店はマンドリーノと同じく地下にありました。
あまり飾りっけの無いシンプルなインテリア、逆に効果的・・・
d0083265_2326230.jpg











   「スンマセン、ごちになりまあ~す♪」 m(__)m
d0083265_23443339.jpg
 『イボイノシシさん、どうぞワインでもお召し上がりください』と専務さんのお言葉で、つい最近飲んだシャブリの名前が呪文のように口からでてしまいました・・・

 ソムリエの宗河さんが、2本のボトルを持ってきて『少しこくのあるほうが9000円、爽やかタイプが10000円ですが、どちらをお好みですか?』と、仰るうwwwwwどうしましょ!

で、結局、嬉し恥ずかし、繊細にして図太くも、爽やかタイプを注文させていただきました。

 ディナーコースは3種類!!
d0083265_01671.jpg
カジュアルコース・2500円  ディナーコース・3500円  シェフコース・5000円

d0083265_0113412.jpg 今夜イボイノシシの心はシャブリの心
 誰がどのコースと決めたわけではありませんが、3人なので三つのディナーコースをオーダーしました。
イボイノシシとしては、「ディナーはなんでも結構、シャブリが飲めれば・・」という心境、
今回は解説抜きで画像だけで勘弁してください(^^;)
アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノやピッツァ・マルゲリータなども出ました。
女性シェフらしく細やかな行き届いた感じの素敵な料理の数々でしたよ。

                  アンティパスト
d0083265_0264831.jpg

d0083265_0271752.jpg

d0083265_0274662.jpg



                   プリモピアット
d0083265_0362289.jpg

d0083265_0364717.jpg

d0083265_0371177.jpg



                  セコンドピアット
d0083265_0463164.jpg

d0083265_0465510.jpg



                     ドルチェ
d0083265_124923.jpg

d0083265_132731.jpg

d0083265_14310.jpg




 女性シェフだろうと、年季の入った男性シェフだろうと、美味しい料理を提供してくれることが一番でしょう! 宗河シェフはそんなこだわりを気にもせず素晴らしい料理を味あわせてくれました。
大人の隠れ家・・みたいなイタリア料理店、チョット大事にしたいのでお店案内はしません。
気になる人はネット検索してね(^^)

d0083265_112251.jpg
 「今日の料理、全部最高の味だったけどベースはローマ料理?」
 イボイノシシの質問に、
『イタリア中の美味しい料理を出させていただいてます♪』と、美幸シェフのお答えでした。


ファイブスタイル ブログランキング


Convivio (コンヴィヴィオ)


 

by mahalotakashi | 2008-06-14 01:11 | mahalo@食卓