会社ごはん 本日、麺はごめん、パスタはパスだ!?  2008年6月6日

 さすがに麺喰いのイボイノシシも毎日毎回麺類ばかりというわけにもいかないので、
 今日の会社ごはん(お昼)は、定番の「千日亭弁当」にしました。

 本日の献立は、
 牛肉と玉ねぎ炒め・白身魚フライ・白和え・茄子の中華風サラダ・出汁巻き玉子。
d0083265_2181844.jpg

d0083265_21115329.jpg

      おかずはともかく、千日亭弁当が長く続いている理由のひとつは、
      ごはん!お米、銀シャリ!とにかく白米が抜群に美味しいのです。
d0083265_21123282.jpg
      炊き立てのごはんの上にパラパラと黒胡麻をふりかけ、真ん中には
     小粒の梅干、刻んだお新香と、このスタイルは長年続いています。
     銘柄は聞いたことないけど、かなり高級米を使用しているのは間違
     いないと思います。
      そうでないと外食産業がこんなに激しい競争をしているエリアで、
     生き残れる筈がありません。長続きしているお店はやはりなにか、
     売りというか、特徴のあるメニューを備えているものです。


 豚公司(とんこんす)からの差し入れ!

 その白いごはんを今まさに食べようとした瞬間、事務員のミキちゃんがイボイノシシの食堂(応接室)へ入ってきました。
『下の豚公司さんから、お店で作った豚そぼろを差し入れてくれたんです、営業チラシといっしょにね。一度味見してください』
と、いきなりイボイノシシのお弁当の白ご飯の上に振り掛けました。
d0083265_2157589.jpg
    (しかし、よう撮れたなあ~この写真!{たまたま白米の撮影中}だったから)

「お!おいおい!な!なにすんねん!
まだ食べるともなんともゆうてないやんけ!
おれは毒見役か!
武士の一分の三村新之丞こと木村拓哉か!」


  と思いましたが・・・「どうもありがとう♪」・・と答えてしまいました(^^;)

d0083265_22193391.jpg
 豚公司 黒亭というのは、ビルの南東角1階にある「豆乳しゃぶしゃぶ」「とんかつ」のお店で、ちょうどイボイノシシのお尻(デスクに腰掛けた時)の真下にあります。
以前はトッピング専門の讃岐うどん店でしたが、従業員のお兄ちゃんとお姉ちゃんがまるでデートしてるみたいにお喋りに夢中で、「半年以内に潰れるよ、このうどん屋は・・・」というイボイノシシの予言どおり3ケ月で閉店しました。
 その後へオープンしたのが豚公司 黒亭です。まだ一度も入ったことはありませぬ。

d0083265_22245099.jpg
 さて頂きものの「豚そぼろ」プロがお作りになったのだから、さぞかし旨かろうと一口パクリ!・・・特に味らしいものがしない、ごはんと一緒に食道へ送り込んだ直後に、上あごと舌の奥のほうにチャーシュウを食べた後のような豚肉独特の香りが少し感じられました、ただそれだけでした。


ファイブスタイル ブログランキング

by mahalotakashi | 2008-06-06 06:37 | mahalo@食卓