番馬亭(西宮北口)の、カレーうどんとカレーそば    2008年5月30日

 またまた麺喰いの話。 熱うて美味しいでえ~♪

 麺喰いを自負する2人が西宮で超有名な、カレーうどんのお店「番馬亭・ばんばてい」に行っていないというのは、お恥ずかしい話。
テレビのグルメ番組などで何度も取り上げられ阪神間のカレーフアンのメッカみたいなお店、その都度行こう行こうと思いながら、未だに行けてませんでした。
ひとつは番馬亭は日曜祝日が定休日であることと、あまりにも自宅の近くにありすぎて、何時でも行けるという気持ちが強かったからです。

       今夜は思い切って出かけることにしました。

d0083265_23471186.jpg
       阪急西宮北口駅の北出口を出て、ロータリーから宝塚方面に向って
      3筋目の細い路地を左へ曲がると直ぐ左手に黒壁の番馬亭があります。

d0083265_23473091.jpg
       とにかく人気抜群の店だから、お昼時は長蛇の列だとか。
       この日は会社を早めに出て、午後6時半頃に訊ねてみました。

d0083265_23481332.jpg
      表のガラリ戸を開けると目の前は壁面、調理場の壁です。
     左手から調理場沿いに奥の客席に向うわけですが、調理場の壁沿いに
     6人掛けのカウンター席があります、奥は満席。七面鳥夫人とイボイノシ
     シは、カウンターで頂くことにしました。

d0083265_23484622.jpg
       カウンター席の前壁にはお客さんを飽きさせないよう様々なグッズ
      (江戸風小物)が飾られています。それに人数分の大うちわ、
      カレーを食べて噴出す汗を抑える手動式エアコン?(^^;)

      好い味出してる番馬亭のオヤジさん。
d0083265_23493691.jpg
 料理の使い回しで廃業に追い込まれた老舗の料亭や、客をみくびり「食べさせてやる」
 という態度の、救いようの無いアホなラーメン屋(一部のお店だけですけどね)どもに比
 べれば、月とすっぽんほどの差がある好いキャラ持った親父さんです

d0083265_2350018.jpg
        オヤジさんの話は後回しにして、そろそろ本番のカレーうどんと
        カレーそばをご所望いたそうでは、ああ~りませんか(^^)


 カレーうどん(辛さ・普通タイプ)
d0083265_23502778.jpg
 七面鳥夫人が注文したカレーうどん。
 オーダーの時にオヤジさんが、色々と説明してくれました。
まず辛さは、普通タイプから激辛タイプまで、好みで注文できます。それと出汁は女性好みのあっさり系か、トロリ濃い目の2種類から選べます。この日はトロリ系にしました。
 それにしても凄いボリューム!圧倒されます。
d0083265_23505490.jpg
 若い人はこれに、エビフライカツをトッピングして頂くというからビックリします。
とにかく量が半端じゃなく、丼鉢一杯にカレー出汁がかけられていて、中身のうどんが全く見えません。
タッパーか容器を持参すれば残った出汁スープのお持ち帰りOK!だそうです。


 カレーそば(辛さ・普通タイプ)
d0083265_2359448.jpg
 イボイノシシのオーダーは、カレーそばです。
本来「番馬亭」は蕎麦処、蕎麦には相当の自信があるようで、これを注文するとオヤジさんの眼が子供みたいに可愛くなりました。
『他のお店の1.5倍の量やよってに、ゆっくり頑張って食べりいや・・・』
オヤジさんが西宮弁で、親切にアドバイスしてくれました。
これもオヤジさんの教えに従って「白ごはん」の(小)を、付けてもらいます。

d0083265_00915.jpg
 熱々のカレーそばを一口すすると、オドロキ!モモノキ!山椒の木!!

    「な!なんじゃあ!こりゃあ~!♪」

 ・・・・と、叫びたくなるほどおいしい! 実際には、隣の七面鳥夫人に、
 「美味しいねえ~・・、カレー出汁も麺も・・」と小声で囁いたのですけどね(^^;)
 七面鳥夫人も『うんうん』と頷きながら、黙々とカレーうどんをすすっております。
d0083265_004168.jpg
 玉ねぎと青ネギ、それにうどんのように細長く切ったかまぼこ、牛肉の薄切りが、とろりとしたカレー出汁と大変マッチした味になっています。
お蕎麦も、これはどういう技術を使っているのか、弾力があって程よい粘りと柔らかさ・・・
中々表現し辛いのですが、とにかく「隙の無い無駄の無い、奥の深い美味しさ」とでも
いえばよいのでしょうか、秀逸の出来栄えのカレーそばでした、まさに初体験の味!

 そして驚いたことがひとつ、蕎麦と具材を全部食べ終わって、添えられたおたまで
 残った出汁をすすると、最初のトロッとした感じが消えて、さらりとしたスープに変わ
 っているのです。
 抵抗無く飲める感じで、あのビッグサイズのカレーそばを出汁ごとほぼ完食しました。

d0083265_0314645.jpg
      この写真は入り口を入ったところの壁を、左端手前から撮ったものです。
      額に入った写真はオヤジさんの愛犬かな?(^^)

            再び、オヤジさんの話です。
d0083265_0322023.jpg
 Yahoo!でも、Googleでも、どこのサイトでも結構、ウエブで「番馬亭」とだけ入力して検索してみてください、膨大な数の記事が掲載されていますよ。
最初にも言いましたが、テレビのグルメ番組の中継も毎月のように放映されています。
普通なら有頂天になってしまうでしょうが、ここのオヤジさんは『そんなこと知らんわい!』という感じで一見の客にも快く接してくれました。
注文してから少し時間がかかるのですが、何度も席にやってきて独特のイントネーションの西宮弁で、『ごめんな、後2分で出来るよってに、辛抱して待っててや、ゴメンな』と、まるで何十年も前からの知り合いのように話し掛けてくれます。
d0083265_0324533.jpg
 コテコテの「西宮のおっちゃん」という感じなのですが、お客さんへの気配りと気遣いは並大抵ではないと思いました。
『せっかく食べにきてくれたお客さんに不愉快な思いをさせたくないねん』という気持ちが伝わってきます。
 汗をかきながら、カレーうどんとカレーそばを食べ終わったイボイノシシたちに、真っ先にかけてくれた一言は『よう頑張らはったなあ~♪ お疲れ様でした!』

 どうやら番馬亭の人気の秘密は、この辺にもありそうですなあ~(^^)
 『また、食べに来るわね♪』・・・七面鳥夫人もどうやらリピーターになったようです(^^;)

d0083265_0381687.jpg
 お勘定の時、恒例の名刺交換。出汁の隠し味をそれとは無く訊ねると
『昆布と鰹のうどんつゆに、カレー粉を入れてるだけでんがな』とニヤニヤしながらおとぼけ説明をしてくれました。
なにか独特のペーストを混ぜ合わせていると思うのですが、それは当然企業秘密でしょう。
七面鳥夫人によると『胡麻かな・・?』イボイノシシの推理では「お味噌」が隠し味かな・・
と思うのですが、気になる人は一度食べに行ってください(^^)


d0083265_047545.jpg店名 番馬亭(ばんばてい)
ジャンル うどん、そば、カレー(その他)
TEL 0798-66-0995
住所 兵庫県西宮市甲風園1-6-7
営業時間 11:00~20:27
定休日 日曜・祝日
平均予算
[夜] ¥1,000 ~¥1,999
[昼] ¥730~(^^;)


ファイブスタイル ブログランキング
 ←おもしろかったら、ぽっちしてや♪

番馬亭 (ばんばてい)

by mahalotakashi | 2008-05-30 00:01 | mahalo@食卓