イタリア旅行・ウフィッツィ美術館で飲んだビールとヴィーノ ③-11 食べまくり 5日目 

 第五日目 Firenze ③-11 食べまくり (ランチ)

ウフィッツィ美術館で、イボイノシシを暴走させて
ボッティチェッリの「ヴィーナスの誕生」の展示室で、係員のおばさんを怒らせたのはいったい誰のせいなんでしょうか?



d0083265_21261014.jpgd0083265_21271665.jpg







 後ほど詳しく紹介しますが、世界最大のルネッサンス美術の宝庫といわれる、ウフィッツィ美術館、右の写真の案内看板のように南北に細長い「U」のような回廊造りの建て方になっています。
 この美術館は館内で食事が出来るようになっていて、「U」の字の左側の最先端にカフェがあります。

d0083265_2144287.jpg
 作品を鑑賞」する人は、エレベーターで「U」の右上まで登って回廊を巡り、「U」の左上で終了するように企画されています。
「U」の左上の突き当りには、イボイノシシ・・・ではなかった、イノシシの彫刻がカフェの方向を鼻先で示しています。


d0083265_2252417.jpgd0083265_2262270.jpg







 イボイノシシの暴走の話は後ほどUPするとして、とりあえずランチを楽しみましょう。作品を三分の一ほど鑑賞したあたりでお腹が空いてきましたので、カフェに直行しました。
そこそこにゆったりしたスペースを持ったカフェで室内とテラス席があります、今日のように素晴らしい天気の日は全員が外で食事を楽しむようです。
 食べ物は、小ぶりのピッツァかサンドイッチ、それにパニーニといったところ、調理に火や油を使う料理類は置いていないようです。

d0083265_2216467.jpg


 フィレンツェの絶景が楽しめるナイスポイント。
d0083265_22311769.jpg
 北の方向に面したテラスですが、眺めは最高!右手はヴェッキオ宮、この下が前回UPした彫像のレプリカが展示されている、シニョリーア広場です。
 少し先に見えるのが、午前中カプチーノを飲みながら休んだサン・フィレンツェ広場に面した、修道院の尖塔(左)と、バルジェッロ美術館の鐘楼(右)です。そのずっと先にトスカーナの優雅な丘陵地帯と山々がハッキリ見て取れます。


d0083265_2250438.jpg
正面真北には朝方訪れたサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(ドゥオモ)[91m]と、高さ84,7mのジョットの鐘楼が競い合うように建っています。

d0083265_23155577.jpg アッ!そうそう、
このページは食べまくりでしたよね!
只今よりUPいたします。


 あまりにも天気と風景が素晴らしかったものですから、空腹であることすら忘れていましたよ(笑)

d0083265_2326555.jpg 愛想の好いスタッフがオーダーを取りに来ました、その愛想の好さと喉の渇きのせいか、珍しくビールを頼みました。

もちろんヴィーノ(ワイン)のビアンコ(白)も同時に忘れず注文しました。



d0083265_23453531.jpg イタリアでビールを飲むのは、これが初体験。程よく冷えたビールを、高く澄み渡った青空の下で一気に飲み干す爽快感!

「プファ~♪・・生きてて良かったあ!」

乾いた砂地に水が染み込むように、冷たいビールがイボイノシシの身も心も癒してくれました。


食べ物は、七面鳥夫人が生ハムのパニーニを、イボイノシシは小ぶりのチーズ・ピッツァにしました。

d0083265_061971.jpgd0083265_07651.jpg







     好物のワインを頂きながら、直ぐ目の前に建つ世界遺産を眺める。
     これほどの贅沢は滅多と味わえない至極の経験ではないでしょうか・・・

d0083265_09943.jpg


 そよぐ薫風を頬に受けながら、七面鳥夫人は相変わらず熱心にお勉強中。
 「少しはイタリア語覚えましたか?」 『Quanto costa? いくらですか?』
d0083265_0145731.jpg

 CAFFETTERIA Bartolini GALLERIA DEGLI UFFIZI
 
 ・PANINI  Eu4,50   ・PIZZA  Eu4,50   ・BIBITA  Eu6,00
 ・VINI BICCHIERE  Eu6,00    ・BEVANDE  Eu3,00
                      TOTALE  Eu 24,00 (約3,900円)


 最後にもう1枚、ベストショットでごちそうさま!
d0083265_7241659.jpg





  

by mahalotakashi | 2008-05-06 07:24 | mahalo@夢旅