イタリア旅行 ③-1 機内とローマで食べまくり♪ 初日

 第一日目 ③-1 食べまくり  イボイノシシのイタリア食べ歩き(初日編)

 天空のリストランテ & ローマのピッツェリア

d0083265_20475295.jpgd0083265_204840100.jpg






  さあ~♪ お待ちかねの食べブログの始まりです。
 イボイノシシが以前から食べてみたいと思っていた本場イタリアの料理の数々。
 もうワクワク・ドキドキで舞い上がっています。
 今回は出発から帰国までの全日程中の、朝食・昼食・夕食を全部余すことなくUP
 してみます。
 出発の朝は、七面鳥夫人の希望を入れて関空の食堂で和風朝定食にしました。

ランチはロシア上空、11150mで。
d0083265_21175729.jpg 飛行機が安定高度に達した12時過ぎ、ロシアのナホトカ上空でランチタイムとなりました。
ジャパニーズ(日本食)とイタリアンの二種類からチョイスできます、もちろんイボイノシシはイタリアン。
 七面鳥夫人は『ブログ用に協力してあげるよ』と、ジャパニーズを選んでくれました。

d0083265_212977.jpg
 簡単な機内食ですが、一応コースメニュー仕立です。
 アンティパストは、ハムとポルチーニ茸。プリモピアットはペンネアマトリチャーナ。
 セコンドピアット(メイン)は、鶏肉のトマトソース煮込み。

d0083265_21373163.jpg ワインはトスカーナのビアンコ♪
食事前からドリンクサービスでいただいていた白ワイン。どこの産かと聞いたら「トスカーナ」といいます、不味かろうはずがありません。この旅の間中毎日ワインを飲みましたが、全部最高の味でした。
 『後部のコーナーに行けば飲み放題だよ』と教えてもらってフルボトル分タップリ飲ませてもらいました。

d0083265_21511475.jpg
        じゃぱにーずはこげんな内容でありもうしたでござる。

 ワルシャワ上空で再び食事であります。
d0083265_226405.jpg 離陸から10時間、飛行機は既にヨーロッパエリアに達していました。
ポーランドの上空辺りです。
チーフらしき女性が『軽食が出るけど、食べますか?』と聞いてきました。
ワインをチビリチビリといただいていたイボイノシシ、「もちろんOKです」

d0083265_22231370.jpgd0083265_22242848.jpg








『ビールもよく冷えてますよ』と言われたのでワインを止めて冷たいビールをグイ!

d0083265_2238875.jpg 確かに仰るとおりの軽食でした。
 さて、ここで問題。この食事は何食になるのでしょう?
関空を離陸して10時間だから、日本時間では午後8時。ということは夕食。
時差7時間のイタリアでは午後1時。ということは昼食ですがな(^^;)
ハワイで朝昼兼用のブランチと言うのを食べたことがありますが、これはランディナーとでも言うのでしょうか(笑)

ローマのピッツェリアでナポレターナを喰らう。
d0083265_23101929.jpg
 イボイノシシたちの胃袋は素早くイタリア時間に順応したようです。
チェックインの後街へ飛び出しました。ホテルでディナーを摂ってもよかったのですがせっかくのローマ、やはり「旨かもん」が食べたいですけんね、スィニョーラ(^^)

d0083265_23213049.jpg テルミニ駅の近くまで歩いてくると、
TAVOLA CALDA というピッツェリアを発見!
客の出入りも頻繁で美味しそうな匂いもしてきます。「タッボーラカルダと読むのかな?とりあえず入ろうか・・」と七面鳥夫人の腰を押します。

d0083265_2328279.jpg 店内に入って飛行機のクルーに教えられた通り元気な声で、
「Buonasera!」 ボナセーラ!
 店内のあちらこちらから、ブオナセーラ♪と、返事と笑顔が返ってきました。
 好い雰囲気のお店です。


d0083265_23364148.jpg
d0083265_23391012.jpg 陳列ケースにはローマの惣菜が並んでいます。どれもこれも美味しそう・・とりあえずピッツアコーナーへ・・・可愛いスィニョリーナが、ヴオナセーラ、スィニョール♪と迎えてくれました。
「Quale Pizza mi consiglia?」
クアーレ ピッツァ ミ コンスィッリア?
何かおすすめのピッツアはあるかい?

d0083265_23574199.jpg これはイボイノシシが旅行前のイタリア語特訓で覚えたフレーズ。
こういえば、『ピッツァ・マリゲリータかロマーナ、カプリチョーザとかカルツォーネがございますが・・・』と応えてくれるはず。
そしておもむろに「ピッツァと言えばマルゲリータだろう・・フフフ」という予定でしたが・・・

d0083265_091226.jpg Vuole mangiare dentro?
「はあ~・・・わからん、ア・アイ、スピーク、ノット、イタリアーノ!」「ア・アイ、ウオント、ピッツア!」生兵法は怪我の元、なまじイタリア語で話しかけたものだから、相手は当然イタリア語が分かっていると思う、当たり前の話です。

d0083265_0211825.jpg 先ほどのイタリア語は、
『店内で食べますか?』という単純な言葉でした(^^;)
結局このマリアかロザンナか・・名前は知らないが気持ちの優しいスィニョリーナがシンプルな、ピッツァ・ナポリターナを薦めてくれました。

d0083265_0324159.jpg
 ローマ第一日目の夕食は、嬉し恥ずかしの、ピッツァ・ナポリターナになりました。
二人前で、9.5ユーロ(約1500円)関空の朝食代とほぼ同じでした。



グルメ ブログランキング

by mahalotakashi | 2008-04-24 00:44 | mahalo@夢旅