レスカエコ・ビゴ(芦屋)のデザート       2008年3月28日         

    BIGOTのデザートはベツバラ・ワールドへ

        名門ベーカリー「ビゴの店」の直営レストラン、レスカエコ・ビゴで
        頂いたランチ、海の幸のムース、淡路島産地鶏の田舎風煮込み、
        すべて美味しく食しました。

d0083265_2026458.jpg
       なによりもの満足は、あのビゴのパンがたらふく頂けたことです。
      「さすがにビゴの店が経営するレストランだけのことはあるねえ~♪」
       春ランチの余韻が残ります。

d0083265_20444337.jpg
       あ、そうそう、イボイノシシたちのテーブルクロスはオリーブの実と
       葉っぱの図柄でしたよ。
 
 
      なにか物足りそうな、七面鳥夫人・・・
d0083265_21102677.jpgd0083265_2111367.jpg







 窓の外に見える建物は「ビゴの店」です。
 パリの裏町を想わせるような雰囲気を楽しんでいるのかと思ったら、七面鳥夫人の視線は手前のシェフやパテシェがテーブルを回る姿とその手に持たれたデザートの乗ったトレイ。


d0083265_2127862.jpg
       食後はゆっくりフレンチコーヒーを飲むと決めていたのですが、
       七面鳥夫人の切ない表情に、「デザートを頼むかい?」と聞くと
       『ウン!頼む♪』・・嬉しそうな顔!完全に子供やがな~(^^;)



    マダム、お好きなものをお選びください♪
d0083265_21583485.jpg
    『全部欲しい~!!』

 パテシェの持っていたトレイをテーブルに置かせて、目を輝かせる七面鳥夫人。
 あれだけランチを食べてるのに、どこへ入っていくんや?このお菓子が・・・・

 『別腹ワールドへワープするのよ!2008年宇宙の旅よ!むふふ♪♪♪』

     なにを分けの解らんことを言ってるんや・・・よう、解らん!!

d0083265_2225592.jpg
 七面鳥夫人がかなり長い時間を要して選んだのがこの焼き菓子。
 テッペンにきいちごが乗っかった、とてもとても甘そうなデザートでありました。

d0083265_22465036.jpg
 別に気い使ってもらわんでもええのにフオークが2本・・・・
 その夜イボイノシシは再び巨大スイーツに押しつぶされそうになる夢を見ました。


  フィリップ・ビゴ氏
d0083265_2323197.jpg レスカエコ・ビゴ
 Tel 0797-35-7103
 〒 659-0068
 芦屋市大桝町1-21
 コンコルディア芦屋2F
 営業時間 9:00 ~ 21:00(L.O)

 喫茶  9:00~
 ランチタイム 11:30 ~ お料理が無くなるまで
 ディナータイム 17:30 ~ 21:00(L.O)
 定休日 月曜日



ファイブ ブログランキング
 ぽちっして、応援お願いします。

by mahalotakashi | 2008-03-28 00:05 | mahalo@食卓