PasePaseのパエジャは最高!     2008年3月11日

d0083265_18831.jpg  パエジャPaella

 スペインバレンシア地方発祥の有名な米料理。
日本では「パエリア」「パエーリヤ」が一般的ですが
ご当地、スペインでは「パエジャ」と発音するのが
正式とのこと。
本日伺ったお店「パセパセ」さんで知りました。
イボイノシシのブログでは今後「パエジャ」
と表現します(^^)


 南欧家庭スペイン料理 PasePase・パセパセ
d0083265_18375469.jpg
 イタリアンの激戦地、阪急武庫之荘駅周辺を探訪中に最も気になっていたお店がこの「パセパセ」 お店の前を通るたびに匂ってくる、オリーブとニンニクのこげる香ばしい香り。
d0083265_204719.jpg
 「今日のイタリアンは延期!スパニッシュで行こう!」
七面鳥夫人に声をかけて、オープン(11:30)早々のパセパセへ入りました。
思いのほか奥行きの深い、落ち着いたスペイン風のインテリアに期待が高まります。

d0083265_2034214.jpg 素晴らしい料理と
 素晴らしい人たちとの
 思いがけない出会いを経験しました♪


 またまた、長引きそうです。
 いつもいつもゴメンナサイ!2回に別けます。


d0083265_2114215.jpg
          パセパセのパエジャ・ランチ

まずパエジャから、パエジャについての詳しい解説はランチョンマットで分かりますよ。
 料理が来るまでの間にシッカリ勉強できます(^^;)

 パエジャ・ランチ(一人前)は、タパス・スープ・サラダ・コーヒーがついて、¥1,600
 リーズナブルなお値段です。(良心的!!)

 本日のパエジャは、海の幸・トリと野菜・イカスミ・カキ(おすすめ)の4種類から・・

 迷わず、牡蠣(カキ)を選びました。そろそろ牡蠣の季節も終わりですから・・・
d0083265_21282220.jpg
 牡蠣(カキ)のパエジャ、ブロッコリー&オリーブ
d0083265_21395558.jpg
 サフランで黄色く輝くようなお米はバッチリ!アルデンテ。
 そして牡蠣の大ぶりなこと・・嬉しくなってしまいます。

d0083265_2215380.jpg
 シンプルだけど奥行きの深い味、これがプロの味付けなんでしょうね・・・
イボイノシシはたまにパエリア・・いや、パエジャを自分で作ることもあります。
でもそれは見よう見まね、ムール貝や海老など魚貝類を入れて形だけのパエジャを作って悦に入ってましたが、少し恥ずかしくなりました。

d0083265_2230516.jpg ランチョンマットに書かれた説明を読むと、
「パエジャ」の最大の魅力は、なべ底のコゲツキを味わうこと、と書いてあります。
 Socavrat・ソカレッツといって、スペインではわざわざソカレッツ充分のパエジャを注文するとか・・
 イボイノシシが必死でスプーンを使っておこげと奮闘していたら・・・・

 『ソカレッツをこそげてきましょうか・・・』 
と、ホールスタッフの女性がテーブルに近づいてきました。
d0083265_22534691.jpg
 「なんじゃあ!こりゃあ~!」と言うほど美味しい「おこげ」
 Socavrat・ソカレッツを好むスペイン人の気持ちが大いに理解できました。

d0083265_23205347.jpg 笑顔を振りまきながらテーブルサービスをする髪の長い女性、実はパセパセのオーナーシェフの奥様でいらっしゃいました。

 当初イタリア料理の合い間のチョット寄り道、と考えていたのでブログの名刺は控えていましたが、ソカレッツの話から盛り上がり自己紹介させていただきました。



 友達の輪、料理の輪が広がりました!

 「なんとかなるさ・ブログ」の名刺をご覧になったマダム、
 「少しお待ちください」と奥の厨房へ・・・・
 すぐに一人の好青年を伴ってイボイノシシたちのテーブルへ来られました。

 「息子なんですよ!実は今日、主人(オーナーシェフ)が外出しておりまして・・」
 「彼が応援に来てくれていますの」
d0083265_23224050.jpgd0083265_23231892.jpgd0083265_23241818.jpg






 名刺をお渡ししてご挨拶、お話をして分かったのですが息子さんは阪急の線路を
 挟んで駅の北側に「イタリア料理」のお店を経営されているオーナーシェフだった
 のです。
d0083265_23251596.jpg
 武庫之荘駅周辺を毎週ウロウロしていたのですが、気付きませんでした(^^;)
 お店の名前と場所をお聞きしましたので、次の土曜日か日曜日に伺うことにしました。

d0083265_23315999.jpg
 
PasePase・パセパセと言うのは、スペイン語で、

 「どうぞどうぞ」といってお客様や友人を招きいれるときに使われるそうです。

 本当にお客様を心から歓迎しているのがよくわかる素敵なパセパセです。

 明日は、パセパセでいただいたその他の料理をご紹介します(^^)




ファイブ ブログランキング

グルメ ブログランキング

  よろしければ、クリックおねがいします♪


PasePase 武庫之荘店 (パセパセ)

by mahalotakashi | 2008-03-11 00:01 | mahalo@食卓