甲子園球場、只今リニューアル工事中 & バレンタインデー♪  

 蔦(つた)は刈り取られました。
d0083265_22565322.jpg
 おなじみの阪神甲子園球場は、自宅から直線で2Kmくらいのところにあります。
春夏の高校野球の決戦場で、我が愛する阪神タイガースのホームグランドでもあります。

 現在2009年の完成を目指して、リニューアル工事の真っ最中です。
先日七面鳥夫人と甲子園周辺を散策しました。この辺りは結構飲食店も多く、様々な
種類の食べ物屋さんが軒を連ねています。
イタリアンやフレンチの穴場レストランも数多く、いずれグルメブログでUPする予定です。


d0083265_1173872.jpg >> 甲子園の名の由来

 甲子園球場が完成したのは、大正13年8月1日です。この年は、奇しくも、十干、十二支のそれぞれ最初の「甲(きのえ)」と「子(ね)」が60年ぶりに出合う年でした。縁起のよいこの年にちなんで、この付近一帯を「甲子園」と、また野球場を「甲子園球場(当時は大運動場)」と名付けました。


d0083265_11194641.jpg >> 甲子園のツタ
 甲子園球場をベストドレッサーに仕立て上げる緑のツタ。偉容を、よりシンボリックにしています。完成された年の冬に植栽され、繁殖力が強く壁面を飾るのにうってつけでした。以来、まさに歴史を球場と共に歩んできました。株数約430本、葉の面積はタタミ8000畳分もあり、改めて甲子園球場のスケールに驚かされます。

ただ現在(工事中の間)は刈り取られていて、代わりにツタの写真をプリントしたパネルで
球場の周囲を囲っています。

d0083265_22574771.jpg
 北西側、一塁席とアルプス席の中間辺りに工事用車輌の出入り口が設置されています。
タイガースの試合を観戦する時に七面鳥夫人と待ち合わせ(会社から直行のため)する
ポイントです。

d0083265_22582361.jpg
 雪が降ったり寒さも一段と厳しくなっていますが、工事は順調に進んでいるようです。
d0083265_22591928.jpg
 私たちがよく観戦に訪れる一塁側スタンドの付近は、大きく変貌していました。
ツタが取り払われた外壁面は、一面の総ガラス張りになっています、今までの甲子園球場とは(内野入り口付近に限り)まったく違うイメージになりそうです。
d0083265_2305410.jpg



 リニューアル後のイメージ図です。
 内野の銀傘が設立当時と同じく、アルプススタンドの方まで伸ばされるようです。
d0083265_231148.jpg
 >> 銀傘
 甲子園球場の自慢のひとつに銀傘があります。現在はアルミ合金製で昭和57年にふきかえられた3代目ですが、もとは鉄傘と呼ばれていました。増設されてアルプススタンドまで覆っていたその鉄傘は、太平洋戦争のさなかの昭和18年に供出され、26年に現在の形の銀傘が完成しました。雨よけに便利な大屋根と思われていますが、当時は陽よけを目的として作られたというのも案外知られていない事実です。

 伝統を継承しつつ近代的球場へと生まれ変わる、阪神甲子園球場を地元の人間として、温かく見守って行きたいと思っています。


    話は全く飛びますが・・・

   2月14日はセント・バレンタインデー、今年もチョコレートをいただきました♪

d0083265_22491566.jpg


 勿論七面鳥夫人公認の女性からのプレゼント♪やましいことはございません!
d0083265_22531339.jpg

     毎晩飲んでるスコッチウイスキーのあてに最適でござりまする。

d0083265_22565578.jpg

   奈良のMさん、西宮のJさん、Mさん、いつもありがとうね♪今年もよろしく!

ホワイトデーはイボイノシシの会社のイケメン若手社員を紹介しましょうか?(^^;)

by mahalotakashi | 2008-02-15 00:01 | mahalo@雑記