大人のRistorante/bar (2)         2008年2月12日

 Giancaldo ristorante/bar

 ジャンカルドの「軽いランチコースメニューB」
d0083265_22101160.jpg
 ゆっくり、のんびり、まったり・・時間が過ぎていきます。
ファーストフーズもそれなりに・ですが、時にはスローフーズも好いものですよ(^^)


d0083265_2231316.jpg ランチメニューのBは、2,000円。
軽いランチコースで、アンティパストからプリモピアット、セコンドピアットにドルチェまで一通りのコースメニューが揃っています。
アンティパストのモッツァレラチーズと自家製ピクルス(オリーブ・胡瓜)が、メインの期待感を高めてくれます。
 色違いの2種類の人参とオリーブの実が、とても
アーティスチックで、食が進みます。


 ここで少しジャンカルドさんのコンセプトを紹介しましょうか・・ゆっくりしましょう

d0083265_22565355.jpg ジャンカルドさんのConcept
  GiancaldoのHPから) 
 由来 【origin】
 二つの要素を1つに融合した店
映画ニュー・シネマ・パラダイスの舞台、
ジャンカルド村。
その村は実際には存在しない仮想の村。
作者であるジュゼッペ・トルナトーレ監督は、異なる2つの町をロケ地として1つの村 を作り上げた。


d0083265_2362663.jpg どうしてそのようなことをしたのか、その理由はいたってシンプル。
より良い映画を撮りたかったから。
そのコンセプトが
当店のレストランとバーという2つの要素を1つの店として完成させたいという気持ちとと合致していたため
 レストラン/バー ジャンカルドは命名された。



 プリモピアットは牛タンとルッコラのパスタ
d0083265_2329076.jpg
 これは昨日紹介しました「牛タントルッコラのパスタ」 チーズの使い方がプロの技。
まろやかなトマトソースと、麺の絡みが秀逸、口当たりは抜群でした。


さて、引き続きジャンカルドのコンセプト。
d0083265_8594087.jpg 目標 【aim】

お客様が感動を紡ぐ舞台として
ジャンカルド村は1本の映画が上映されている
ほんのわずかな時間の中でしか出合う ことのできない村でありながら
確かな感動を与える舞台として完成されている

d0083265_9225096.jpg
レストラン/バー ジャンカルドも
1つのお店として来店されたお客様
一人一人に
確かな感動を与える舞台として
完成されることをを目標としている





     ホウボウの軽い煮込み・サフラン風味
d0083265_943944.jpg
 セコンドピアット(メインディッシュ)は、お魚料理にしました。
アクアパッツアとも少し違う、サフランを使ったアッサリした煮込み料理でした。
大根・ヤングコーン・キャベツ・ビーンズ・アスパラなどの野菜が添えられています。

d0083265_9594235.jpg
 ホウボウという魚は滅多に口にしませんが、スズキに似た淡白なお味で、添えられた野菜とマッチして、食べやすい一品でした。 (大根が特に美味しかったです(^^;)


 ドルチェは、カシスシャーベット &
 バナナとさつま芋の焼き菓子でした。

d0083265_1795090.jpg
d0083265_17173028.jpg 満足のランチが終了、
ドルチェ(デザート)も小粋な一皿でした。
 いつものイタリアンとは、一味違うランチメニューという感じがしたので、ホールスタッフに感想を述べると、
『イタリア料理にこだわらず、お客様がご満足されるよう幅広く良いものを取り入れております』とのことでした。
 なるほど、納得です。



    サービスについては、言うことなしです。
d0083265_1735825.jpg
 押し付けがましくも無く、マニュアル的でも無く、自然でさりげない扱いをしてくれました。
もちろん、目配り、気配りは、さすが一流ホテル出身のオーナーのお店らしく完璧でした。
1時間半も店内に座っていた気がしないくらいに、リラックスした時を過ごしました。
イケメンのスタッフに「顔写真掲載して良いかい?」と尋ねると、
『いえいえ!恥ずかしいですから、勘弁してください!!』と、手を振りながら大笑い。
今日始めて見せてくれた青年らしい、はじける笑顔でした。



 少し長々ブログになりましたが、ジャンカルドの最後のコンセプトで終わりましょう。
d0083265_17575293.jpg

理念 【ideology】

それぞれのクオリティを高める

ニュー・シネマ・パラダイスは一本の映画としてだけでなく
物語・映像・音楽とそれぞれのクオリティが高く評価されている

レストラン/バー ジャンカルドでも
ただそれぞれの要素を結合するだけでなく
料理・お酒・インテリア・すべてにおいて
妥協をゆるさないことで
一つの店としてのクオリティを高めている



d0083265_2038396.jpg ジャンカルド Giancaldo
尼崎市南武庫之荘1-19-26サ-クルF4階  
TEL/FAX 06-6435-0880
ランチタイム 11:30~15:00
(ラストオーダー 14:30)
ディナー 18:00~23:00 
FOOD LO 22:30
日曜のディナーは22:00まで(ラストオーダー 22:00) 不定休 月曜日BAR営業のみ



グルメ ブログランキング



ジャンカルド

by mahalotakashi | 2008-02-12 00:15 | mahalo@食卓