七草がゆでメタボとバイバイ             2008年1月8日

        臓温め腑を癒す草がゆ

 昨日7日は、無病息災を願う「七草」の節句。
わがイボイノシシ家でも毎年この日の夕食は、恒例の七草がゆになります。


d0083265_20401199.jpg
 リビングの石油ストーブの上に土鍋を置き、白米からかゆを炊き始めます。
イボイノシシが帰る頃に合わせて、七面鳥夫人が気長に炊き上げていきます。



d0083265_20502755.jpg 私イボイノシシは本物のイノシシと同じく雑食性、しかもアルコール好き。
毎年クリスマス前後から飲み食いが激しくなり、ベルトの穴が一つくらいきつくなってきます。
「なんとかなるさ」ブログでも、あっちで飲んだ、こっちで喰った、と自慢げにUPしていますが、それ以外にもラーメンや丼、お好み焼きやタコ焼きの粉もん、おでんに焼きそば、ありとあらゆる食材にむしゃぶりつきます。
 そこへワイン、ウイスキーなどのアルコールを流し込み、完全なメタボ予備軍となります。


d0083265_2161196.jpg
 若い時は少々飲もうと喰おうと、有り余るパワーですぐに燃焼していましたが、最近はゴルフも止めているしストリートファイトをすることも、嬉恥ずかしの超激しい(?)スポーツにも縁がなくなったので、エネルギーは総て蓄積されていきます。

 このままだと、完全にメタボリック症候群の仲間入り。
そこで、七面鳥夫人が自身のスイーツ食べ過ぎ症候群からの脱出を兼ねて、およそ
水分90%の七草がゆをお作りになるわけです。

d0083265_21213121.jpg
 「しかしおかあちゃん、これって、おかずが脂っぽくない?意味ないじゃん」
 ちなみに、おかずはフライドチキンにキンピラレンコン、白菜の昆布漬け、おせちの残りの梅玉子、その後ウイスキーを飲んで惣菜パンを食べて、七面鳥夫人はハーゲンダッツのアイスクリーム。

 「どないなってんねん!この夫婦」


 う~む、なんとなく胃が軽くなったようだ、明日からまた食べまくるぞい!!!
とりあえず、究極のイタリアン・レンガ窯のピッツアでもいってみようかあ~~!!


         良い子のみなさん、ぜったいに真似をしないでくださいね

by mahalotakashi | 2008-01-08 00:02 | mahalo@食卓