炭火で調理するイタリアン。炭火ダイニング・FEU        2007年12月18日

 たまには北口の北口へ・・・

 イボイノシシの通勤コースは阪急西宮北口駅の西口です。
飲み屋街やレストラン、居酒屋などで賑わう駅の北口は滅多に利用しません。
でも北口界隈はとても魅力的なエリアなんですよ。
 結婚する前の娘(uco)も結構遊んでいたらしい、と、七面鳥夫人から聞いています。
もちろん遊びといっても美味い物店巡りですけどね(^^;)


 炭火Dining Kitchen Feu  路地裏の穴場イタリアン
d0083265_1617585.jpg
d0083265_16101573.jpg 日本人は炭火というフレーズに弱いですよね。
 特に和食系、焼き鳥や鰻の蒲焼などは必ずと言っていいほど「炭火焼き」の冠が付いています。
 その「炭火」を使って、イタリアンやフレンチを提供するレストランが駅の北側にあるとの情報を得て、日曜日のお昼下がり七面鳥夫人と出かけてみました。


d0083265_16185766.jpg
 駅の北口(正式には北西口)を降りて北に向かい、二筋目を左に折れると小川に突き当たります。それを右手へ川沿いに20~30m歩くと、外側に螺旋階段の付いた黄色い雑居ビルがあります。
 1階にローン会社が入居していたり、無粋な電柱が立っていたり、ロケーション的にはスッキリしませんが、美味しいものを食べるためには許せるでしょう。


 お店は3階にあります。一歩店内に入るとそこは別世界のように落ち着いた雰囲気が漂っていました。
「ダイニングキッチン」の名前どおり、シンプルですがアットホームな感じがします。ちなみに「Feu」(フー)は、フランス語で「ホッ」とするという意味だそうです。


d0083265_16312582.jpg 壁に掛った「メニューボード」から、「天使の海老の炭火、ビスクソース・・・」を頼もうとしたら、お昼はやっていませんという。
 ランチメニューは4種類ほど、パスタランチか魚料理。
仕方が無いので、パスタと魚を注文しました。
 どうやらこのお店はディナータイムに力を注いでいるようです。


 気に入りました。大人の味です。
d0083265_1634140.jpgd0083265_16344736.jpg








 『オードブル&サラダです』と出された一皿(左)見た目でチョット失望しながら口に入れると意外に奥の深い味、魚貝や野菜の旨みを閉じ込めた練り物やタパス類に今度はドキドキ(笑)
 野菜の上の白い塊、てっきりモッツアレラチーズと思って食べたら、なんと「絹ごし豆腐」。
「結構ユーモアーも持ち合わせてるなあ~、ここのシェフは」
 トマトとバジルの乗った「ブルスケッタ」(右)も、ニンニクとオリーブオイルの加減が程よく、次の料理に期待が広がります。


d0083265_16353782.jpg 席の横の壁にズラリと並んだ「ワインのコルク」半端な数じゃありません、他にシャンパンやスパークリングワインのコルクが大量に店のインテリアとして飾られています。
 『夜(ディナー)においでください♪ワインに最適の料理ですよ・・』と客を誘うシグナルとお見受けいたした(笑)



   ベーコンと筍のパスタ・パルミジャーノ風味
d0083265_16361019.jpg

         一見どこにでもあるようなパスタ
         七面鳥夫人のオーダーでしたが
         『美味しい!』と目を丸くしました


d0083265_16414644.jpg
 筍にじっくり味が染み込んでいてベーコンの塩味とマッチ、そこに、おろしたての生パルメジャンチーズ。絶妙のバランスを保った味付けになっていました。


 鮮魚(スズキ)の炭火ロースト トマトソース
d0083265_16462525.jpg

 一瞬「焦げすぎ!」と思うほど表面の焼き色が濃い料理。
添えられた野菜も少し「荒っぽいぜ・・」が、この料理をオーダーしたイボイノシシの感想。

d0083265_1647812.jpg

 ところがナイフをを入れてみると、想像しなかった感触、カリッと焼きあがったスズキの皮の下から柔らかくジューシーな白身がCiao!と微笑みながら現れました。
 トマトソースと嬉しくなるほどマッチング、ほっぺが落ちそう・・なほど、美味しい味。
これが炭火の効果なんでしょうか、大満足の味付けでした。

d0083265_1648716.jpg
 昼間だし車を運転してたので断念しましたが、絶対ワインと合う味付け。
 これは必ず「炭火ダイニングキッチン・フー」のディナーを味合わねばと心に誓った、イボイノシシでありました。


 季節のアイスクリームとココナツクッキー
d0083265_1650054.jpgd0083265_16503539.jpg








 食事の後のデザートは、季節のアイスクリーム。
今日は「栗のアイス」細かいマロンの粒が良い味の、爽やかな口当たりでした。
勿論、いつものアイスコーヒーは忘れずオーダーしております。(^^)


d0083265_16573182.jpg
炭火ダイニングキッチンフーは、どうやらイボイノシシが最もお気に入りの、芦屋のイタリア料理とワインの店「Paperino」(パペリーノ)に次ぐ第二の隠れ家になりそうです。
 いずれディナーのレポートも報告いたします。



Kitchen Feu (キッチン フー)

 炭火Dining Kitchen Feu (炭火ダイニングキッチン・フー)
 兵庫県西宮市甲風園1-7-1 カサマドンナビル3F
 阪急神戸線西宮北口駅 北西出口 徒歩2分   TEL:0798-65-5475
 ランチ 11:30~14:30  ディナー 18:00~22:30(L.O.22:00)
 定休日 水曜日    総席数 15席    駐車場 無し

 

by mahalotakashi | 2007-12-18 00:05 | mahalo@食卓