鍋ブログ(3)                 2007年12月16日

今回は鶏鍋、瀬戸の赤どりとキノコの鍋です。

d0083265_2115442.jpg 師走に閑あり、茸類や山菜を食べてみたくなりました。
 しめじ、椎茸、まいたけ、えのき、あたりを使った鍋でも作ろう、と言うことで食材探しにでかけました。
 山菜や茸類と相性が良いのは、やはり鶏肉、それも元気な地鶏が最適。

 有りました!偶然見つけた香川県産の地鶏肉、早速200g購入しました。


    四国は讃岐の元気な地鶏、瀬戸赤鶏!
d0083265_2284187.jpg
    どうです!良い鶏肉でしょ(^^)身がプリッと締まって、艶も充分。
   讃岐平野を走り回ったお陰か(笑)余分な脂肪も見当たりません。


 ではそろそろ、鍋奉行の出番といたそうか(^^;)

d0083265_229997.jpg 昆布と鰹の出汁に醤油・味醂・酒を混ぜ、まず最初に入れるのは「笹がきゴボウ」肉の臭みと灰汁を取りエキスを吸収、歯ざわりが鶏肉とよくマッチします。
 次に茸類を入れて行きます、きのこは何でも合います。多いほど味が増しますよ。
d0083265_2210816.jpg











 ゴボウとキノコが煮え始めたら、小芋・白ネギ・白菜・春菊などの野菜と「瀬戸の赤鶏」を手早く鍋に入れましょう。

d0083265_2211056.jpgd0083265_22113315.jpg













 お鍋がブツブツ・グツグツ言い出したら、出汁の味見と調整。
イボイノシシ流は、ここで「きりたんぽ」を入れます。出汁を吸って旨いですよ!

d0083265_22123878.jpg


 ゆっくり煮込んだキノコと鶏肉、小芋もほくほく・・美味しそう~~です(^^)
d0083265_22133391.jpg


    それでは・・♪・・いただきまあ~す!!
d0083265_22135631.jpg

 まさに絶品の味!身が締まりプリプリと弾力がある歯ごたえ、始めて食べた「瀬戸赤鶏」は味わい豊かな讃岐の地鶏でした。 そう言えば四国讃岐は、ブログ友達のkappaさんの縄張りでした。なんだかkappaさんのプレゼントみたいな気持ちがしてきました(笑)

  kappaさん!ご馳走さまでした♪♪

by mahalotakashi | 2007-12-16 06:15 | mahalo@食卓