激闘!甘味迎撃大作戦・その二     2007年11月26日

      「喉もと過ぎれば、甘さ忘れる・・・・」
d0083265_17591556.jpg
d0083265_182150.jpg 神戸三宮旧居留地にあるスィーツショップ
konigs-krone ケーニヒスクローネ
明るく広々した清潔感一杯の店内、甘い匂いと軽音楽が流れて、七面鳥夫人に言わせれば、心を和ませてくれる空間(らしい)です。
『まさに、スイーツの王国ね♪♪』
ですって。

 子供も大人も、女性も男性も、美味しい笑顔・・・
d0083265_194714100.jpgd0083265_19475054.jpg








d0083265_2073236.jpg このお店、結構ファミリーチック、買い物帰りか、パパやママに連れられて子供たちの姿も多く見受けられます。子供たちの楽しそうな顔を見ていると嬉しくなりますなあ~
 さて、そんな中、脂汗を流しながら腕組みをして悶絶している一人のオッサンがいました。
イボイノシシです。ランチについてきたスイーツを目の前に置いたまま、どうしても手がでません。


d0083265_20261875.jpg 七面鳥夫人のランチに付いてきたのは、抹茶のソフトアイス。遠の昔に彼女の胃袋に納まっています。
「あのクリームなら、なんとか食べられたのになあ~」と恨めしげにぼやくイボイノシシ。
 『しようがないわねえ~・・それ、私が食べてあげるからソフトクリームを新たに注文する?』
「うん!♪」
 まさに子供であります(^^;)


 ええ~!これが、ソフトクリーム!ウッソォ~!
d0083265_20445371.jpg
 イボイノシシは固まってしまいました。七面鳥夫人が買ってきてくれたソフトクリーム、全然イメージと違います。
 ソフトクリームといえば、六甲山牧場や蒜山高原で食べた「純白」のクリーム・・・まさに乙女の肌のごとく・・・

 それがまるで東京の渋谷か大阪のアメリカ村でうろつく「ガングロ」のネエチャンか「山姥・ヤマンバ」のように、あんこやコーンチップを顔中に塗りたくって登場してきました・・・どうやらスイーツの世界を甘く見すぎたようです・・・
d0083265_20565428.jpg

 『早く食べないと融けちゃうよ!!』
「融けるものなら、融けてくれ!俺の目の前から融けて消えてくれ!!」
 
 この頃になると、余りの甘さ攻撃に体調が異変をきたし出しました。胃がキリキリ痛み出し、脂汗と鼻水と涙まで出てきます・・・
d0083265_2112206.jpg
d0083265_21181013.jpg 結局七面鳥夫人(写真右端)に助けていただきました・・・
 しかし、世のご夫人方は凄いですねえ~なんという胃袋の強さ!信じられません。
心身ともに疲れ果てたイボイノシシはかろうじていつものアイスコーヒー、そのほろ苦さにまた「涙」が出てきました。

 完敗です!戦争に負けた兵隊さんの心境がよくわかりました。

 イボイノシシから一言、神戸で生まれたこのお店、ケーニヒスクローネは、ドイツ語で「勝利の王冠」と言う意味です。確かにドイツの伝統を生かした神戸が誇る素晴らしいお店です。



      やっと甘味地獄から脱出できました。
d0083265_21303593.jpg
 少々眩暈(めまい)を感じながら駐車場に向うイボイノシシの背後から、七面鳥夫人の明るい声が聞こえました。
 『美味しかったね!おとうさん♪・・今度は芦屋のスイーツ食べに行こうね!素晴らしいのが味わえるから・・♪』

      「オエ~ッ!


 ケーニヒス クローネ
 神戸市中央区御幸通4丁目1-6  TEL:078-331-7490
 http://konigs-krone.co.jp (オンラインショップ利用可)

by mahalotakashi | 2007-11-26 00:03 | mahalo@食卓