但馬の小京都散策(最終)        2007年11月15日

庭先小旅行・出石の手打ち皿そば(No.4)


d0083265_2133378.jpg 出石皿そば

 出石(いずし)は50軒以上の蕎麦屋が並ぶ関西屈指の蕎麦処として知られています。




皿そばだけに、今日はさらりといきましょう・・・
d0083265_0591660.jpg
d0083265_2137058.jpg
d0083265_21374190.jpg 大きな窓から辰鼓楼がお堀越し間近に見えるそば屋さん「松福堂」をイボイノシシが選びました。
 丁度新蕎麦の季節、出石町の場合、蕎麦屋が50軒以上ありますが、どのお店で食べても当たり外れはありません。全店が同じ製法、同じ様式で蕎麦を提供してくれるからです。



  挽きたて、打ちたて、茹がきたて 
 伝統の「三たて」製法が、出石そばの特徴。


d0083265_21535826.jpgd0083265_21543398.jpg






 挽きたて、打ちたての十割そばが工房から調理場へあわただしく持ち込まれます。
美味しいそばを求めて全国から出石を訪問するお客さんのために、お店の人たちは汗だくで頑張っています。

d0083265_2210242.jpg 出石皿そばの歴史
 宝永三年(1706)に出石藩主松平氏と信州上田の仙石氏がお国替えとなりました。
 その際、仙石氏と共に信州から来たそば職人の技法が在来のそば打ちの技術に加えられて誕生したのが、出石そばの始まりです。


d0083265_22235713.jpg その後、透きとおるような白を特徴とする出石焼(国の伝統的工芸品指定)が始まり、そばを白地の小皿に盛る様式が確立されました。
 出し汁入れの徳利と小皿はどこの店に入っても同じです。おそばが盛られた小皿は、屋号や絵など独自の意匠が施されています。
 それを楽しむのも「粋」でござんすね。


 「さらりといきます」と言ったわりには少しくど過ぎますけど、これが「なんとかなるさ・ブログ」の伝統的特徴(国の指定は受けてません(^^;))もう少し、辛抱して付き合ってね。

d0083265_2247927.jpg 多彩な薬味も出石そばの特徴
 わさび・刻みネギはもちろん、多くのお店で玉子、とろろ芋(山芋)等も定番の薬味としてそえられています。
 お店では大体一人前5皿となっていますが、地元では、箸を立てた高さを食べると
 「そば通」と言われるそうです。

 とりあえず、二人前をお願いしました。





 お待ちどうさま!皿そば二人前です。
d0083265_23123976.jpg
d0083265_23184862.jpg
d0083265_23311551.jpg 少しキザだけど、皿そばの食べ方
 松福堂の一人前は6皿でした。
『なんだよう!テイシタコトねえじゃねえか』なんて思ったあんさん。出石そばをなめたらあきまへんで。ほんなコツ太打ちの十割そば、食べるごとに、腹ば膨れることあるたい、でごんすでごわす。


d0083265_23464140.jpg んだば、そばっこの醍醐味さ味あわせてくれるデ、いかんできゃーも。
 まんず、男しなら手の平、女子しならお猪口につゆを注ぎ、つゆの旨みを味わってけろ。お店によって、微妙につゆの味が違うさあ~・・沖縄では味合えないさあ~・・どう・・?茨城でも味わない味だっぺ??ん?


d0083265_004940.jpg しゃあきに全国から集まるそば好きを納得させるのは、ボッコ難しいきに、出石の人も頑張りおるよのう~
 次はそばとつゆだけで、麺を味わってつかあさい。
 お次は薬味どす。ねぎ・わさびでさっぱりと食べておくれやす。


d0083265_0223334.jpgd0083265_0261256.jpg 蕎麦には珍しい生卵で、違った味を楽しんでつかあさい。
 お代わりのそばは、なんぼでも残っとるけ~ね。

 さらり宣言したけど、やっぱりいつものコテコテになりました・・・

イボイノシシのイボイノシシ的体質ですねえ~、辛抱して読んでください。(^^;)


d0083265_033775.jpgd0083265_036833.jpg









 玉子の次は、この辺り特産のとろろ芋(山芋)でいただきます。
つるりと入る喉越しのよさは最高です。ただし、玉子と山芋、食べ過ぎると少し胃に負担がかかるので、皿の枚数に挑戦したい人は、ラストに頂くことをお薦めします。

d0083265_0471485.jpg
d0083265_0481351.jpg

 最後は蕎麦湯でしめて、ごちそうさま。
d0083265_0525979.jpg


d0083265_0553924.jpg
 お堀の辺に座ってゆっくり頂くのも良し、座敷で本格的に挑戦するも良し。出石で食べる出石そばに表示義務違反は無いと思いますから、一度訪ねてみたら如何です?



 お問い合わせ

 NPO法人 但馬國出石観光協会 
 兵庫県豊岡市出石町内町104-7   TEL:0796-52-4806
          HP http://www.izushi.co.jp


松福堂 辰鼓楼店 (ショウフクドウ)

by mahalotakashi | 2007-11-15 10:05 | mahalo@食卓