酒蔵夢街道 魚崎郷 -24 スパゲッティ・アマトリチャーナ

魚崎郷  (No.24 カジュアルなイタリアンレストラン、少し忙しい店)

d0083265_2342828.jpg 魚崎郷探訪で時々名前の出るJR攝津本山駅です。この写真は山側(北口)
 ここから六甲山に向って坂道を登って行くと、阪急岡本駅。
 この界隈は学生さんがとても多いエリアです。岡本駅の更に上、六甲山の中腹に三つの大学があります。

d0083265_2351637.jpg 神戸薬科大学・甲南大学・甲南女子大学の三つのキャンパスが距離を置かずに並んでいます。
 彼らが通学で乗り降りする駅がJR攝津本山と阪急岡本の両駅なのです。だから駅周辺はいつも若者で賑わっています。
 そんな若者のために数多くのユニークなお店が多くあります。

 ヘイ!ポーラ、イタリアンでも食べようか・・・

d0083265_14223866.jpg 別に頭がおかしくなったわけでもありませんし、先週のアルコールが残ってるわけでもありません。
 ヘイ・ポーラというのは、イボイノシシと七面鳥夫人がティーンエイジャーの頃に大ヒットしたアメリカン・ポップの題名で、歌っていたのは、
ポールポーラという男女コンビでした。
 60’s Oldies Teen Pop
 若者たちの間に割り込んで行くのに、イボイノシシと七面鳥ではシャレになりませんので、カレッジ感覚で、今日はポールとポーラで過ごします。『勝手にせい!馬鹿ジジイ!』てか!
 「ほっといて!」

 Fonte Arancino  フォンテ・アランチーノ
 JR攝津本山駅北口で下りて真直ぐ北(六甲山)へ向います。山手幹線道路を横切って一筋目を右に折れると、右手2~3軒目が、フォンテ・アランチーノです。
 「ほんなら入ろか、ポーラ・・」
d0083265_238670.jpg
d0083265_2392059.jpg 店内は思った以上に広く、天井も高いゆったりした造りです。
 真中にお客さん同士が向かい合って座れるカウンターテーブルがあり、その周りに4人掛けのテーブルが8卓、フルで40人くらいの収容です。
 インテリアも素朴でカジュアルな感じ、ターゲットを大学生(ヤング)に絞っているようです。

d0083265_2310270.jpg ランチは、1200円
 本日のランチ(パスタ)を注文、席に着くまで40分くらい待たされたので、ポールポーラはお腹がペコペコです。





d0083265_23104729.jpg ここのランチは料金の割に品数豊富、パンとスープそれに野菜サラダが付いて、パスタは3種類からチョイス、そして最後にドリンクが付きます。エスプレッソや紅茶コーヒー、果物ジュースやコーラなど、かなり沢山の飲み物類から選べます。
 スープはじゃが芋の温スープ。

d0083265_23111557.jpg サラダは蛸(たこ)とじゃが芋が入った野菜サラダ。
 少しオリーブオイルが多すぎる感じ、やはり若者向けの味付けでしょうか。
ボリュームは充分です。




 スパゲッティ・アマトリチャーナ
d0083265_2313436.jpg
d0083265_23134022.jpg ポール(イボイノシシ)は、アマトリチャーナをチョイスしました。
ベーコンと多種類の香味野菜を使ったイタリアン定番のパスタで、その店のシェフの力量を見るのによいサンプルとなります。
 アランチーノのアマトリチャーナはパルメジャーノチーズがたっぷり入っていて、見た目よりコクのある味でした。

 ポーラ(七面鳥夫人)は昨日のブログでUPした、ピッツァ・マルゲリータをオーダー。半分はポールのお腹に入りましたけど・・・




 人手不足を解消しないとね・・・

d0083265_23143780.jpg ポールポーラがランチを頂いてる間にも、次から次へとお客さんが入ってきます。
 入り口のところにベンチ(3人掛け)がありますが、立って待つ人、表で待つ人、大変な賑わいです。
 テーブルに辿り着くまでゆうに1時間はかかります。

d0083265_23152179.jpg それもそのはず、広い店内にホールスタッフは男性ウエイター1人だけ。
 笑顔を振りまきながらテキパキと動いてはいるのですが、限度があります。
 オーダー取りから空食器の引上げ、テーブルセット、料理運びにレジでの会計・・

d0083265_23162755.jpg ひょっとしたらオーナーかも知れませんが、1人では無茶だ。
 お店の入り口にスタッフ募集の看板があるけど、「大丈夫かいな・・」と、他人事ながら気になるポールポーラでした。
 気の短い人はパスした方が良いかも・・です。

 
d0083265_23232593.jpg
 カウンター席に着いて、かれこれ30分くらい待たされてる大学生君、いらだつ風でもなく隣の友達とお喋り。静かにゆっくり時間が流れています。
 厨房にはピッツァ焼き職人さんとシェフの二人。ホールを愛想良く切り盛りするスタッフ。
 別に心配しなくても、それはそれでいいのかなあ~・・と、ボンヤリ考えるポールでした。
 エッ!右手の紅白歌合戦の司会者みたいな人、誰だ!ですって・・・



 ヘイ♪ヘイ♪・・ポーラ・・ でんがな(^^;)




 Fonte Arancino フォンテ・アランチーノ
 神戸市東灘区岡本1-5-20   電話:078-453-4380
    11:00~14:30   17:00~21:00 (不定休)

Fonte Arancino (フォンテ・アランチーノ)

by mahalotakashi | 2007-11-02 10:06 | mahalo@食卓