酒蔵夢街道 魚崎郷 -17 ルッカのプリモ・ピアット

酒蔵夢街道 魚崎郷 (No.17 ルッカのプリモ・ピアットは、E’molto buono!)

                        (山手幹線の交差点から甲南病院方面を撮影)
d0083265_23583287.jpg
d0083265_093049.jpg 東灘区の、特に本山と岡本周辺には、美味しいパン工房が多い。
 これも又イタリアンと同じく集中している。特にJR攝津本山駅の南側には狭い範囲で数軒のパン屋が軒を並べている。美味しいパンが食べたい人は「攝津本山」に行けば大丈夫。
 さて再びファットリア ルッカへ戻ろう。


 3件のイタリア料理店がしのぎを削る本山中町3丁目、昼時のランチに限れば微妙な差で、ファットリア ルッカに軍配が上がりそうだ。
 ランチタイムはかなりの混雑となる、だから店側も工夫して極力皿の数を少なくするようなサービスで回転率を上げようとしている。それがアンティパストの盛り合わせであり、プリモ・ピアットのパスタやリゾットの横にパンを乗せて出す方法だ。
 格好より実利優先、というところか・・・「まあ、この程度なら許せるか・・」
d0083265_23451785.jpgd0083265_23455849.jpg









 プリモ・ピアット 能登牡蠣のリゾット
d0083265_23472774.jpg
d0083265_2348382.jpg
日本海能登産の牡蠣の旨みエキスを閉じ込めたリゾット。

見た目より濃厚で、満足感のある味付けである。
米もかすかに芯が残り、リゾットらしい美味しさも上手く仕上がっている。
 満足のできる一品だ。





 荒引き豚ミンチと根菜のパスタ・トマトソース
d0083265_23482771.jpg
d0083265_2349370.jpg いわゆる「ミートソース・スパゲッティ」とは少し違う。

 荒引きのポークに蓮根(れんこん)と大根の組み合わせ。
サッパリ系のトマトソースと程よく絡み、意外にいける味。
 蓮根の歯ごたえと大根の甘味が、パスタによくマッチしており、見かけ以上の美味しさを感じた。ルッカの売り物が「パスタ料理」というのも納得できる。


d0083265_23493222.jpg 食後のエスプレッソ
 専門のバリスタがいるわけでもないだろうが、食後に出たエスプレッソ・コーヒーは、香ばしく締まった風味で、ランチの余韻を楽しませてくれた。
 ファットリア ルッカ の料理は、一言でいえば「優しい料理」か・・
有機野菜を上手く取り入れヘルシーだが、イタリアンの基本を壊すことなく優しい味の演出を心がけているように思えた。
週に何度も通うリピーターが多い、という話ももうなずける。


重要なお知らせ・・でもないけどね・・
 魚崎郷のグルメ探索、本来の「灘五郷」「日本酒」から離れて、どちらかというと
ついつい「イタリアン」中心のブログに偏ってきました、それだけイタリ料理店が多いと言う事と、イタリアン(ランチ=アンティパスト・プリモピアット・・)はシンプル&カラフルで、写真にまとめやすく「ブログ向き」な素材ということですよね。
 勿論、イタリアンのいい店いいメニューも引き続き紹介はして行くつもりですが、灘五郷の特集なんだから、日本酒はともかく、もう少し手を広げて「面白&美味」な食べ物探しをしてみるつもりです。
4~5日間魚崎詣でを休憩して胃袋と財布の中を充電。改めて「リニューアル版」をUPしてみようと思ってます。

by mahalotakashi | 2007-10-16 21:55 | mahalo@食卓