酒蔵夢街道 魚崎郷 -15         2007年10月12日

酒蔵夢街道 魚崎郷 (No.15 山手幹線沿い、神戸にしむら珈琲店)

 再び魚崎郷です。
d0083265_22102915.jpg
d0083265_2230577.jpg 大阪方面から神戸三宮方面に向けて、東西に伸びる幹線道路が国道2号線と43号線、それに阪神高速道路神戸線と湾岸線。延長約30Kmの六甲山系に沿う形でそれ以外にも多くの幹線道路が走っています。最も海岸べりを走るのが「臨港線」一番山側が「山手幹線」と呼ばれています。
 その山手幹線の岡本付近から六甲山の方へ登って行くと、中腹辺りに「神戸薬科大学」と「甲南女子大学」があります。


d0083265_2219358.jpgd0083265_2220527.jpg










山の上までギッシリ住宅が張り付いています。海を埋め立て、山に這い上がる。
人間のパワーは凄いものですね。
 甲南女子大学の付近からは、前回紹介した「六甲アイランドシティ」がハッキリ見えます。

d0083265_22203645.jpg


 神戸にしむら珈琲店・御影店
d0083265_2221534.jpg
d0083265_222957.jpg 甲南女子大から山手幹線まで下りて、西へしばらく進むと、
にしむら珈琲店の御影店があります。
 神戸とその周辺に暮らす人で、にしむら珈琲店を知らない人はまずいないでしょう。
それほど有名な神戸珈琲の老舗です。 三宮本店のほか、元町、北野坂、御影、芦屋、甲子園・・と展開して、最近は大阪にも進出をしているようです。

d0083265_2241125.jpg
 六甲の緩やかな傾斜に沿って、3階建ての風格のあるお店です。他の店も大体似た雰囲気の建物で、ゆったりした憩いの場所を提供してくれます。

d0083265_21312282.jpgd0083265_21315856.jpg






 午後のひと時、ゆっくり、のんびり、まったり、そして、ほのぼのと時間が経過していきます。読みかけの小説なんかを持っていって、現実逃避するのにも好い処かも知れませんね。


d0083265_21431741.jpg 真冬でもアイス珈琲

 もし東京辺りから、にしむら珈琲店に偶然入られて、1月や2月の真冬にアイス珈琲を注文しているイボイノシシや神戸ッ子を見たら『バッカじゃないのぉ~!!』って目を丸くするでしょうね。
 それは無理もありません、普通アイスコーヒーは真夏の暑い時期、冷たい感触を求める飲み物ですから・・・
 でも、にしむらのアイス珈琲はチョット違うんです。

水が違うんです、水が・・・

 にしむら珈琲店のアイス珈琲は宮水!
d0083265_2223586.jpg
 酒蔵夢街道のシリーズを訪問してくれてる訪問者の方はうなずいてくれると思いますが、灘五郷の銘酒を育む六甲の宮水。
 この貴重な「汲み上げ宮水」を使ってアイス珈琲が作られているのです。
毎朝三宮本店から汲みたての宮水をタンクで各店舗に運んでいます。

(阪神・淡路大地震の時は、にしむら珈琲店さんが宮水を被災者に配っていました。)

 だから、イボイノシシは[にしむら珈琲店]で、
真冬でもアイス珈琲をオーダーするんですよ



 さて、明日13日(土)は大阪で「飲み会」の予定。
日頃お世話になっている「荒くれ運転手」さんたちと、一杯やります。
果たして、ブログとしてUPできるかどうか、全く不明でありますが、「ドンナンカナア~!」・・・無事に生きて帰れるかしら?

by mahalotakashi | 2007-10-12 20:57 | mahalo@夢旅