蓬莱違い(ほうらいちがい)

 世の中急ぐと、ろくなことは無い。
急いで良いのは、お役所仕事と救急車か消防車くらい。
一般人は落ち着いてゆっくり行動するにこしたことはない。


d0083265_21543390.jpg 七面鳥夫人のバースデーを祝うべく、大阪まで出かけてきたが、暑さと喧騒で二人ともダウン寸前。
道頓堀界隈はどのお店も長い行列、時計の針は午後1時30分・・たこ焼きやラーメンの匂いが漂うトンボリをウロウロする惨めさ、七面鳥夫人の目が徐々に吊りあがる・・・
 これは、急がねば・・・

d0083265_2155274.jpg 此処(トンボリ)から直ぐ近くに、「551の蓬莱」があったはず、そこならゆっくりできるし料理もまずまずだろう・・と、えびす橋筋を難波方面へ歩き始める。
 20年ほど前に一度来た事がある、当時はそうでもなかったが最近テレビCMなどで大変有名になった中国料理店だ。
「オッ!あったあった!ここだ、蓬莱本館・・160席か・・」

d0083265_21561955.jpg 一階の点心コーナーを横目に見ながら階段を上がると、二階の店内はガラ空き、「ラッキー!」と窓際に座る。店内は冷房がガンガンに効いていてまるで天国に来たみたい。七面鳥夫人もホッとした表情。下を見るとえびす橋筋は相変わらず人の波。
 なんとなく・なにか・どことなく・・・・雰囲気が違う・・と思いつつ、まずはメニューを見る。


原色ギラギラトンボリで、モミクチャにされたから食欲もあまり無い。とりあえず麺類にした。

                (五目焼きそば)
d0083265_21565643.jpg
d0083265_21573331.jpg
 イボイノシシのオーダーである。『硬い麺もありますよ』とお店の人に言われたが、「普通の麺でいいよ」と答える。まあまあ無難な味、麺もシコシコ、悪くは無いが・・・

d0083265_2158218.jpg 点心はテレビCMでも見かける「特製ジャンボしゅうまい」・・一口では食べきれない、でも、なんか、チョット違う感じ・・・
 なんとなく、違和感がある。
でも、不味いということはない・・・
 お盆に行った三宮の老舗第一楼のふかひれスープや、あわびが浮かんでは消え、消えては浮かび、脳みその中でスライドショーをしている・・トホホ・・


              特製冷やし中華麺
d0083265_2159520.jpg
d0083265_2159374.jpg

 七面鳥夫人はお疲れモード、せっかくの冷麺も半分程度で箸を置く、少し食べてみたがそんなに悪い味じゃない。でも・・・なにか違う・・・

             焼飯も、なんか・・違う・・
d0083265_2201462.jpg
 大阪ミナミの、中国料理・蓬莱本館さんの名誉のために言っておくが、決して不味くも無いしサービスが悪いわけでもない。むしろ良い味、良いサービスの部類に入るお店である。 ただ、イボイノシシのイメージはコマーシャル「あるとき!ないとき・・」の関西ローカルで超有名な551蓬莱というお店を選んだはずだったのだ。要は、「話のネタ」として。


d0083265_2213644.jpg
 食事を終えて下に下りて、南に数歩行くと全く同じような造りの中国料理店があった。

d0083265_2222146.jpg
 イボイノシシは道頓堀の方から北から手前の「蓬莱・本館」に入ってしまったのだ。本来目指すべき551の蓬莱は・・・
d0083265_2233569.jpg
 マクド(関西では、マクドナルドのことをこう呼ぶ。関東ではマックと言う)を挟んで、北側に「蓬莱・本館」南の角に「551の蓬莱」

急いてはことを仕損じる
 皆さん、どんなときも、急がず、あわてず、冷静に、自分が何をなすべきか、落ち着いて考えて、それから、行動いたしましょう・・・七面鳥は完全にキレテいました・・・・


梅田のサバティーニかフレンチにでもしてたら・・・格好よかったのに・・・
まあ・・なんとかなるさ!なんとかなるやろ!!

ワッハッハッハハハハハ・・・とほほ・・

蓬莱本館 (ホウライホンカン)

by mahalotakashi | 2007-09-05 01:05 | mahalo@食卓