酒蔵夢街道  御影郷 -3

酒蔵夢街道  御影郷   <No.3 2週間煮込んだデミグラソース>


御影公会堂食堂の隠し味
d0083265_20553151.jpg名物は「オムライス」だけじゃありません。

 関西地区では超有名な、御影公会堂食堂のオムライス。
それなりの味でした、勿論まずくはないし「ふわふわ卵」「酸味の効いたトマトソース」もグッド!でした。


    しかし、なんとなく物足りんなあ~・・・・・
d0083265_21502218.jpg

マダムに直撃インタビュー!!
d0083265_5301733.jpg 窓際のテーブルを片付けにきたこの店の経営者と思しきマダム。
例に寄って七面鳥が声かけをする。『レトロな雰囲気のお店ね』
すると、マダムがニヤリと笑って『私もレトロでしょ・・』
レトロとレトロ、これで一辺に打ち解けた、そしていつものパパラッチ取材が始まる。
 従業員は愛想のよい男女が4名ほどいる、応対は爽やかで気持ちがよい。

「ほかになんかこれっちゅうごっつぉあんのん?」
「他に、何かコレッていうご馳走ありますか?」
(兵庫神戸のなんどいや) 一口に関西弁といっても微妙に違う。京阪神、奈良、和歌山は勿論、同じ兵庫県でも南部(神戸弁)北部(城崎・篠山)西部(明石・姫路)東部(尼崎・伊丹)でアクセントや言い回しが全く変わる。もっと言うと・・・・やめよう!今日はそんな話をしにきたのでは無い!

マダムが『あんでえあんでえ・』いや『ありますよ、もちろん♪』と答えてくれた。

『当店のお薦めは、ハヤシライスでございます』
d0083265_21512621.jpg
 丸2週間、コトコト煮込んだデミグラソースをベースにした「特製ハヤシライス」
ビーフとタマネギがタップリ入っている。一口食べた七面鳥夫人の感想は『タマネギがシャキッとしてお肉も柔らかい♪プロの味付けね』だった。結構辛口の批評をする夫人にしては珍しいコメントだ。
d0083265_21521318.jpg
 このハヤシソースをオムライスにかけた「オムハヤシ」もある。
 マダムの話では、他にカレーやフライものなど一般の洋食屋のメニューは一通り揃っているそうだ。又、寒い季節の「牡蠣(かき)フライ」はぜひご賞味くださいと、言うとった・・
いや!仰った。


d0083265_20531981.jpg メッチャ!懐かしい味の福神漬け
 今回イボイノシシが最も印象深かったのが、紫蘇葉(しそっぱ)で真っ赤に染まった福神漬けだった。ハヤシライスについてきたが、入れ物ごと持って帰りたかった(笑)
 妙に甘酸っぱく、それでいて歯ごたえのある独特の味、ハヤシライスにピッタリだった。

d0083265_53232100.jpg自家挽き焙煎コーヒーも絶品
ネットのグルメ情報や、他のブログにも掲載されていないが、食後に頂いたコーヒーが思いがけず良い味。それもそのはず自家挽きのコヒーを持ち帰りとして販売しているのだから、不味かろう筈がない。アイスでもこれだけ美味しいのだから・・・次回は必ず「ホットコーヒー」を飲みにこよう。


 神戸市立御影公会堂と御影公会堂食堂のお話は、これでおしまい。
酒蔵夢街道・御影郷のレポートは、まだまだ続きまっせえ~♪ お楽しみに。

by mahalotakashi | 2007-08-26 06:00 | mahalo@西宮