Vale(ヴァレ)                 2007年7月16日

d0083265_16453718.jpgレストラン・オープン
 自宅から歩いて1分少々、目と鼻の先にレストランらしきものがオープンした。
元コンビニストアがあった場所だ、のぼりや立て看板もなく気がついたら開店していた。
七面鳥夫人に聞くと『近所の噂では、インド料理のお店らしいよ』という。

d0083265_171216.jpg
 『娘の旦那さん、インド料理が好きらしいから今度招待してあげようと思ってるのよ』
「インド料理か・・カリーにナン、タンドリー・チキンなんかもあったよな」
招待する前に味見にいこうということで2人で訪れてみた。
 しかし、なんとなく雰囲気が違う。



ドアを開けて確信、インド・レストランじゃない!
d0083265_17241327.jpg
 インド料理独特の「カレー」の匂いがまったくしない。
笑顔で迎えてくれた2人のウエイトレスの服装も、白いブラウスに黒スカート・・インドの雰囲気ではない。




         スパニッシュ・レストランだった。
d0083265_173857.jpg
 オープンキッチンの近くの席に案内されて、ふとカウンターを見ると、豚の燻製腿肉がディスプレイされている。「これって、イベリコ豚?」と聞くと、キッチンの奥に居たオーナーシェフがニコニコしながら近づいて『その通りでございます』と答える。
 店の名前は「Vale(ヴァレ)」スペイン料理のレストランだった。

d0083265_183764.jpg 7月のランチコースを注文
 自宅まで歩いて1分少々、これは嬉しい「飲酒運転」の心配をせずに思い切り飲める。早速「スペイン産の赤ワイン」をオーダーする。
 シェフ推薦のランチコースは2種類。例によって七面鳥夫人が肉料理を、イボイノシシが魚料理をチョイスした。

 さて、初体験の味は・・・


Primer plato (前菜)
d0083265_18183160.jpgエンパナディージャ
 ヴァレ風
アリオリヴェールデ

 マグロとオリーブの実を使ったパイ包焼、緑のアリオリソース(にんにくとオリーブオイルのソース)が添えられている。
イボイノシシのオーダー


d0083265_19432348.jpgパンコントマテ2種

 バゲットにオリーブオイルとトマトをすりこんでのせたクラッシクなものと、トマトゼリー(赤くないが)に浸して食べるアレンジ料理、イベリコ豚のスライス付き。
七面鳥夫人のオーダー


Segundo plato (メイン)
d0083265_2053264.jpg
 バカラオのクルヒエンテ 海の香りのカルド
Valeの自家製バカラオ(塩漬けのタラ)をカリッと焼き上げたものに魚介スープを合わせた、スペインのポピュラー料理。タラの風味が生きた、イボイノシシ好みの味であった。

d0083265_2017321.jpg
 仔牛テールのカルデレタ
 仔牛のテール(尻尾)を赤ワインとシェリー酒でじっくり煮込んだ料理。少し食べさせてもらったが、思った以上に柔らかく口当たりも良かった。手前の付け合せは、ビッグサイズのベークドポテト。

Postre (デザート)
d0083265_20314776.jpg カルダモンの香りのアイスクリームと、ヘーゼルナッツのメレンゲ

 この程度のデザートならイボイノシシもOK♪木苺の実とグレープフルーツのシャーベットが爽やかだった。



Barrd de pan (バゲット)d0083265_20421461.jpg 
 バゲット(パン)<自家製・焼きたて>は、お代わり自由

 スパニッシュワインにスパニッシュバゲット・・これだけでも、イボイノシシには充分なんだけど。





         予期せぬ出会いスパニッシュ!
d0083265_2103210.jpg
 思いがけない出会いだった。インド料理と思って出かけたら、スパニッシュ料理。心の準備も無いままにオーダー。丁度時間つぶしに入った映画館で感動するような経験。
 食後、店の外まで送ってくれたオーナーシェフとしばらく立ち話。「こんな住宅街にオープンするなんて、いい度胸だね」とイボイノシシ。ウインクしたオーナー『もうしばらくすれば、球場跡地に一大ショッピングセンターがオープンしますから・・・』
d0083265_2255513.jpg 『ところで、イボイノシシ様、オープニング記念のスペインの焼き菓子「ポルボロン」です。どうぞお受け取りください』 「う~む・・お主やるなあ~」 いきなり友達になってしまった。「ところでマスター、ディナーはどんなものが出るの?」
『ありがとうございます。一部を紹介させていただきますと・・・

Tapa(軽い一皿)として、トルティージャ(じゃがいもと玉葱のシンプルなスペイン風オムレツ)とか・・・
「わかった!皆まで言うな!歩いて1分。これからチョクチョク寄らせてもらうよ」と、挨拶して別れた。これはこれは・・また一つ楽しみが増えたわい♪

 Obbligato(オブリガード・ありがとう)・・アッ!これって、ポルトガル語?

Vale (ヴァレ)

by mahalotakashi | 2007-07-17 06:06 | mahalo@食卓