酒蔵夢街道  西宮郷 -7        2007年7月15日

酒蔵夢街道 西宮郷    <No.7 西宮の地名のルーツは・・・>

 巨大台風4号(Man-yi)が過ぎ去り、日曜日の朝は六甲山や甲山の上にもコバルトブルーの空が戻ってきた。
d0083265_21423395.jpg
 「お昼は蕎麦(そば)でも食べたいなあ」
「それなら、広田神社の近くの大正庵が良いわよ 七面鳥夫人が間髪を入れずに答える。 そこで二人揃って台風一過の広田の森を訪れることにした。

d0083265_21552671.jpg  廣田神社
 我が国最古の国史書である
「日本書紀」にも記されているそうだが、廣田神社は神功皇后摂政元年(201年)神功皇后により、武庫の地・廣田の国(現芦屋市・西宮市・尼崎市西部)に創建されたという、兵庫県で最古の神社だそうだ。

d0083265_2282787.jpg





 毎年3月に阪神タイガースの監督や選手が「必勝祈願」に訪れる神社としても有名である。
d0083265_22145977.jpg






           廣田神社こそ西宮のルーツ
d0083265_2218681.jpg
 西宮(にしのみや)の地名の起こり。
 その昔、廣田神社は、京の都から西方にある特別に重要な神社であった。御祭神は、
「天照大御神荒御魂」八百万(やおよろず)の神々の中で最高至貴とされる大御神であらせられた。中世の貴族達はこの神社を「西宮」と別称し、廣田神社への参拝を「西宮参拝」あるいは、「西宮下向」と称していた。それが現在の西宮へと受け継がれたのである。


d0083265_22484033.jpg世にも不思議な体験をする。 参拝する子供たちと、野良猫の神様に遭遇。
いつも初詣にお参りをする廣田神社。自宅から車で10分くらい、一番近い神社だから・・特別な付き合いでもない。しかし今日はとても不思議なことに遭遇した。
どう説明すればよいかわからない。

 参拝客は幼児連ればかりなり?
d0083265_232936.jpgd0083265_2331699.jpg








d0083265_2343128.jpgd0083265_2351045.jpg








d0083265_236815.jpgd0083265_2363986.jpg








d0083265_23113571.jpg
 受け狙いでこの写真を掲載したわけではない、神社には30分ほど(11:15~11:45)だったが、私たち夫婦以外の参拝者は全て幼い子供連れ。ちょうど私たちの孫くらいの子供たちとパパとママ。
「七五三」の時期でもないし、特に子供に霊験あらたか、という話を聞いたこともない・・・なぜこんなに幼児のお参りが多いのだろう・・不思議だ。


「アッ!なるほどねえ~
拍手を打って100円玉分しっかりお願い事をして戻ってきた七面鳥夫人に聞いてみると、

『決まってるじゃない!有名幼稚園への合格祈願よ!親心、親心・・・分かった?』


 おやおや・・もうスペース満杯、猫の神様と蕎麦の話は次回にしますね。

by mahalotakashi | 2007-07-16 00:05 | mahalo@西宮