酒蔵夢街道  今津郷 -3

d0083265_22213055.jpg It delivers a present to mr kappas wife.
今津郷 <No. 3 煉瓦館は女の館>

 私の周りは女性だらけ
d0083265_2223293.jpgd0083265_22235746.jpg








 といっても、惚れたはれたの話ではない。イボイノシシの家族構成が完全なる女系家族だということ。弟の子供は2人とも女の子、長男の子供(孫)もご存知のごとく女2人。女房に娘、長男の嫁、当たり前だが女性。従兄妹も9人ほどいるが過半数はおばちゃん、その子供もその孫も・・女・女・女・・喜ぶべきか、悲しむべきか。イボイノシシ家は長男の時代で幕を引く。そんな訳で女性の生き方というか、普段の暮らし方やファッション趣味、嗜好が嫌でも目に付く。だから時折自分の目線が女性のそれになって、戸惑うときがある。
d0083265_22251676.jpg
 今回訪れた「日本盛・酒蔵通り煉瓦館」もどちらかといえば、女性をターゲットにしているようだ。「米ぬか美人」のコピーに吸い寄せられる。<アア~女性嗜好だ・・・>
それにしても、KOMENUKA BIJIN 小学校のローマ字教室じゃあるまいし、あまりにも直接表現しすぎだなあ、フランス語に訳するとか・・もう少し考えなよ、日本盛さん<これは、男性の目線>

d0083265_22263711.jpg
 詳しくは分からないが、清酒を造る時に出る酒米のぬかを使った化粧品らしい。他にシャンプーやトリートメント、ボディソープなども並んでいる。d0083265_22273366.jpgd0083265_22282699.jpg








 確かに分けのわからぬ化学製品の化粧品よりは信頼できるだろう、と思う。自然から生まれるものに抵抗感は薄れるし、男性から見ても女性特有のしっとり感が出るなら嬉しい。


 愛想のいいガラス工房
d0083265_22302744.jpg
 煉瓦館1階の最奥右側に本格的な窯を備えたガラス工房があった。そこに働く青年、メッチャ愛想が好い。『いらっしゃいませ!どうぞどうぞ窯の側へ来て見てください、ようこそいらっしゃいました』
「ブログ用に写真撮らせてもらっていい?」と聞くと『ハイッ!勿論、じゃあせっかくですから、なにか小物作ってお見せしましょうか!ハハハ♪』と妙に明るい。
d0083265_22313148.jpgd0083265_22321945.jpg









d0083265_22352182.jpg 明るくて屈託がなく好人物な青年だ。我々サラリーマンと違い、物作りを生業とする人が羨ましく思えるのは、こういう人物に出会った時に特に感じる。
 箸置きやネクタイピン、それに色とりどりのアクセサリーや小物。彼の人柄のようにどれもみなカラフルで爽やかだ。工房の外には硝子壷や花瓶も並べられている。


d0083265_22373536.jpgd0083265_22381173.jpgd0083265_22385423.jpg





d0083265_22525233.jpg

d0083265_22533219.jpg裏口を出れば酒造工場
 明るい青年のガラス作品の前を進むと裏口がある。守衛さんに断って工場の様子を撮影させてもらう。なんだか仕事を思い出したのですぐやめた。でも初めて見る人には意外と新鮮に見えるかも知れない、特に男の子なんかには・・

d0083265_2254515.jpgd0083265_22545120.jpg









 やっぱり私は、女にはなれない。
d0083265_22555477.jpg
 七面鳥夫人である。入館して食事を済ませかれこれ1時間を経過した。
「そろそろ帰ろうか・・・」 『・・・・・・』 「もう、充分だろ・・」 『・・・・・・ ・・』
d0083265_2314773.jpg
 「オイオイ!いいかげんにしろよ!帰ろうぜ」
『うるさいわね!!帰ろう帰ろうと!幼稚園の子供みたいに!帰りたかったら一人で先に帰りなさい!ここのお昼ご飯代いくらかかったと思ってるの!もっと楽しみなさい。もったいない。』  (>0<;)ハイッ!わかりました!

d0083265_2371375.jpg
 最後の七面鳥夫人との会話は、イボイノシシの創作。本当は優しくて素直な奥さんです、誤解の無いようにお願いします。(^^;)
 そして、日本盛のなら漬け、これはいけますよ!本日のイチ押しです。


 さて、今津郷めぐり、まだまだ続きます。次回は今津駅(阪急・阪神)あたりをぶらついてみましょうか・・面白風景に出会えそうですよ。

by mahalotakashi | 2007-06-20 00:03 | mahalo@西宮