酒蔵夢街道  今津郷 -2 煉瓦館ー1

d0083265_112461.jpg 日本酒の故郷、灘五郷を訊ねてぶらり散歩。
 今津郷 <No. 2 酒蔵通り煉瓦館>

 ウインドサーファーで賑わう甲子園浜から、今津の酒蔵通りに向います。
途中海岸沿いにある「今津浜公園」ゆったり広々した緑滴る公園です、写真には撮れませんでしたが長あ~い(笑)滑り台や木製のアスレチック設備などもあって小さいお子さんを連れていけば大喜びしてくれると思います(駐車場有り)

d0083265_1282132.jpgd0083265_1135470.jpg







 さて今津浜公園を後にして、左手に今津港を見ながら北へ進む「酒蔵通り」という東西に真直ぐ伸びる道路に出会います。下の写真酒蔵通りにある「今津小学校」酒蔵風の校舎がユニークです。
d0083265_2135790.jpgd0083265_1153274.jpg









 小学校前を更に西に進むと、今日の目的地「日本盛・酒蔵通り煉瓦館」に出会います。
d0083265_117247.jpg
d0083265_1174035.jpgd0083265_118269.jpg








 酒蔵通りに面した清酒メーカー「日本盛」の工場敷地内に建てられた煉瓦造りの資料館です。実はここへ入るのは全く初めて。これから先ご紹介しようと思ってる残り8ヶ所の資料館やミュージアムも行ったことありません(^^;)
d0083265_1331943.jpgd0083265_1212312.jpg









 「どうせありきたりのお酒の歴史かなにかを展示しているんだろう」と少しヒネクレ者のイボイノシシ、館内に入ったら驚きました。結構面白い!ブログのネタ満載♪
「やった!お宝発見だ!」後は夢中で撮影に没頭しました。色々ありすぎて、今回1回ではとても紹介しきれません。とりあえず、まずは「食い気」から紹介してみましよう。


d0083265_1222456.jpgd0083265_12356.jpg








d0083265_1234351.jpg 入館してすぐのところにある「特産品売店コーナー」まずはラーメン、日本酒の片鱗と深いコクが自慢の「日本盛ラーメン」(笑)それに目を引いたのが「酒うどん」と「酒そうめん」なんとなく苦し紛れのネーミングだけど、興味はある。それにそそられたのは、「酒粕漬」これは本物臭い。特に千成なすびのなら漬け、これは食したい!

 今すぐ食べた~い!
 出ました!!わがままイボイノシシの雄たけび!!
 案内係の女の子のところへ行き「酒うどんと千成なすびを食べたいんだけど・・」とせがむと、お嬢さんニッコリ微笑んで『どうぞ、そちらの和食レストラン<花さかり>にお申し付けくださいませ』ときた。

d0083265_21373868.jpg
                  和食レストラン 花さかり


 出ました!酒うどん。
d0083265_1242167.jpg
 一口すすったら、口の中に酒の香りがフワ~・・とするのかと思ったら・・特になんの変哲も無い細うどん、細かく砕いた氷の上に盛られて、とてもよく冷えてただけ・・でした。(^^;)

d0083265_1245818.jpg 千成なすびの酒粕漬は美味かった。
 お漬物は余り好みではないイボイノシシですが、和食弁当に付いてきた「千成なすび」これはいけました。ほんのりした甘味にさっぱり歯ごたえ、白いご飯にバッチリ!でしたよ。これだけで、おかわり2ハイはいけそう


 イボイノシシのブログに純和食が出るのは珍しいですが、お昼の「花さかり弁当」美味しかったですよ。値段はたしか、1500~1600円くらい(財布は七面鳥夫人に任せてるので、よくわかりません)もっと高級な料理(7000~8000円)もあるみたい・・
d0083265_1252972.jpg

 さて満腹になって、いよいよ館内探検。2階とかに上がればお酒造りの歴史とか、展示場があるそうですが、興味が無いのでやめました。

 それより1階にイボイノシシの興味を引くものが満載。写真は煉瓦館の裏口、ドアを開ければそのまま工場の構内に入れます(守衛さんがいるけどね)
d0083265_1263392.jpg


 次回は煉瓦館の内幕を探る!
アッ!と驚く神秘のコーナー。ブログ見てるだけで「お肌すべすべ、ツルツル」になるほどの、得々コーナー紹介。

        女性の方は、必見!ですよ。

日本盛 酒蔵通り煉瓦館 花さかり (にほんさかり さかぐらとおりれんがかん はなさかり)

by mahalotakashi | 2007-06-19 00:01 | mahalo@西宮