ヨットハーバーでパパラッチ (Ⅱ)

 時間の経過が違うエリア、様々な人生が見えてくる。
d0083265_20285875.jpg
 そこで、ついついパパラッチ♪♪
d0083265_20395312.jpgd0083265_20374797.jpg













d0083265_2043391.jpg
あらゆる種類の人間が集まる。見てて飽きない。
d0083265_20501344.jpgd0083265_20504563.jpg













 西宮ハーバーは庶民的?セレブはいない?

d0083265_21175120.jpg 今から45年前の1962年5月12日、この西宮ヨットハーバーから、一人の青年がマーメイド号という小さなヨットで出航、94日後サンフランシスコに到着した。
有名な海洋冒険家、堀江謙一氏だ。

 その後も、無寄港世界一周などで活躍されている。
初代マーメイド号からサントリー・マーメイド号(写真)がここに展示されている。その堀江さんに憧れてヨットやクルーザーを購入した人も多いと言う。


d0083265_2142373.jpg

d0083265_21462059.jpgd0083265_21523916.jpg












 岸壁でバーベキューする若者や、艇の手入れをする人、談笑する人。
「格差」だとか「ブルジョワ」だとか尖らずに、風景の一部として観てれば楽しい。



 次回(最終)は、「オーナーズ倶楽部で、????なメシ食いました」です。

by mahalotakashi | 2007-05-23 00:01 | mahalo@西宮