神戸元町 別館牡丹園

別館牡丹園←(クリック)でYahooネット検索すれば、約13,500件掲載されてる超有名な、神戸の広東料理店だ。
 <神戸まつりでビデオデジカメのバッテリーダウンで携帯写真になったのが残念だが>
 今日は、イボイノシシ流・超独断のお店紹介をしてみよう。[携帯写真ルポ]


d0083265_23452222.jpg 通い始めて40年以上。
 グルメぴあやアズアット、その他様々なグルメ情報でこの広東料理の店の紹介をしている。皆さん色々様々な角度から味の探求をされており、それなりに面白い。
42年間この店に通ってる常連客のイボイノシシとしては、「もう少し肩の力を抜いて広東料理を楽しめば?」が正直な感想。
 姫路城の近くの北京料理のお店「東来春」(45年間通い詰め)に続く、お気に入りのチャイニーズレストランである。
両方の店に共通するのが「食べ飽きない単品」のあること。これがキーワードだ。



d0083265_095691.jpg 総て味わった上での結論。
 冷盆類から魚・海鮮・牛・豚・鶏肉、スープ、麺類と飯類に点心・・42年間かけて胃袋に収めてきたが、「まずい!」と思った料理は一品も無い。
 何を注文しても満足できるはず、これから広東料理にチャレンジしたい若い人にぜひ訪れていただきたい店だ。
季節限定(冬場)の料理だがお薦めとして
「チンサンホウ」という、牡蠣の広東風お好み焼きは必ず食べてもらいたい一品だ。



d0083265_0164345.jpg 間違えないように・・
 JR元町駅の南側に降りて、東の道路(鯉川筋)を大丸方面に向って南下、100メートルくらいの右手に「本館 牡丹園」(写真)という店がある。「別館 牡丹園」とは全く関係の無いお店だ。この店を通り過ぎて直ぐの角を右に曲がったところに「別館 牡丹園」がある。
 あまり詳しく書くと、営業妨害とか名誉毀損で訴えられる恐れがあるので、簡単に。
つい最近まで「牡丹園」の称号を巡って両店で激しい法廷闘争を繰り広げていたのである、神戸に住んでる人なら誰でも知っている話だ。歩いて20~30歩ほぼ隣同士と行ってよい距離でにらみ合っている。


 南京町からは北へ2ブロックほどの場所にある。今はもう撤去されたが、つい最近まで両方の店先に「こちらが正式な“牡丹園”・・・・」という趣旨の文章を書いた立て看板が置かれてあった。その頃はさすがに足が遠のいた。生臭い話はこれくらいにして、本題のイチ押し単品に移ろう。

私が別館牡丹園に通う訳。

d0083265_20574366.jpg 炒麺(チャオミン)
 いわゆる“焼そば”
ハード麺とソフト麺がある。私はもっぱら、
ソフト麺だ。¥840

 返す返すも残念、携帯ではこれが限度。とにかくハマル味。食した翌日又食べたくなる逸品。アッサリした味付けだが、上品な後味と喉越しの良さ。麺と具(海老x豚肉xキャベツx葱)と調味料のバランスが得も言われぬ味を出している。
40年以上全く変わらない味は凄い。

 三鮮麺(サンチャオミン)<魚介類の焼そば>とか牛肉台麺(ガウヨタイミン)それに姜葱撈麺(キョンチョンローミン)<生姜とネギの和えそば>と言う、値段の高い焼そばもあるが、このシンプルな炒麺がイチ押しだ。

d0083265_21305993.jpg 炒飯(チャオファン)
 これまたシンプルな“焼めし”
海老の代わりに牛肉入りにチェンジしてもらうこともできる。¥840

 什錦飯(サッカムファン)<特製中華丼>
牛腩飯(ガウナンファン)<牛バラの広東風煮込み野菜のかけごはん>というのもあるが、単純ではあるが奥の深い、炒飯がやはり旨い。
このパラパラ感、プロの味である。



   炸雲呑(ザーワンタン)<揚げワンタン・甘酢付>d0083265_2218679.jpgd0083265_22193239.jpg












 今まで何人の友人や知人をこの店に招待しただろうか、記憶はしていないが10~20人どころではない、かなりの数じゃないだろうか・・
 男性、女性、若者、老人(勿論一昨年亡くなった母も)外国の友人、上司、部下、ライバル、同窓生、女房、家族・・ありとあらゆる人々を連れてきた。この炸雲呑を食べた人全員が、全く同じ仕草をした。
 まず、一口パリッ!とかじって、ビックリしたような表情で私を見る。ウィンクした外人さんもいた。それから雲呑皮で包まれた豚肉を口にするなり、なんともいえない笑顔、『美味しい~!』『ボーノ!』『ウッソー!』『ブラボー!』

 この表情と驚きの声が聞きたくて、今も誰かれかまわず声をかける。
携帯写真で本当に申し訳ないのだけれど、雲呑に包まれた豚肉の部分の表皮の薄さ、分かってもらえるだろうか、まさに芸術だ。

 1口目に「パリパリ・サクサク」・・2口目「もっちり・しっとり」・・甘酢(特製)が口いっぱいに広がり、まさに天国の食べ物・・という感覚を覚える。一度ぜひ食して欲しい。

   ¥1260 ハーフ!と頼めば、 ¥630

神戸元町別館牡丹園 (コウベモトマチベッカンボタンエン)

by mahalotakashi | 2007-05-15 00:01 | mahalo@食卓