ル シャレー グルマン (フランス料理)

 本格派南フランス料理      リーズナブルな料金で堪能できるフレンチレストランd0083265_10385718.jpg           Restaurant Cuisine Francaise
 フランス料理レストラン  ル シャレー グルマン
宝塚市野上3丁目13-4   0797-71-5007
ランチ・11:30~14:30 ディナー・17:30~21:00

★★★★☆☆☆☆☆ (88P)

 4月8日の日曜日、花見をかねて宝塚を訪れた昼時、逆瀬川の河畔にあった赤レンガ造りのフレンチレストランへ飛び込んで、ランチをオーダー。客は私たち夫婦だけ、迎えてくれたオーナーシェフとしばしの談笑、フランスの話からワインのウンチク。とても楽しい時間をプレゼントされた。帰宅後頂いた名刺を頼りにネット検索したら、驚いた!フランス(パリ)の3つ星レストラン、ルキャ・カルトン ミッシェル・ゲラール ル・ギャヴロッシュ等々の有名なレストランで修行をつんだ、植野 博久さんという名うての料理人だった。
 雑誌やテレビにも度々取り上げられる有名人・・・「数々の生意気なウンチク失礼つかまつりそうろう・・」である。(詳しいプロフィールはトップをクリック)


d0083265_1131887.jpg それほどの腕前のシェフのお店だが、意外とリーズナブルで、ランチ(4種類)1,800~5,200円 ディナー(3種類)4,000~8,000円と驚くほどの料金ではない。
 車だったので飲めなかったが、ワインは逸品をコレクションしている。フランス産に拘らず世界各地のワインが揃っていて、それを誉めると少年のような笑顔で喜ぶ。好いマスターだ。『ぜひワインを味わいにきてください』と帰り際お誘いを受けた。

d0083265_1204611.jpg メニューはフランスの都市名

 先日頂いたのはランチメニューの、ノルマンディ(¥1800)とロワール(¥2800)だった。
料理の生写真は「庭先小旅行」に張り付けてあるので、ここでは紹介しないが、ノルマンディーがスズキ科の少し変わった名前(ど忘れした)の魚料理、スープはソラマメの冷仕立て。ロワールは牛タン、スープはコンソメ若竹入り。
 他にブルゴニュー(¥3800)とアルザス(¥5200)
ディナーはロレーヌ(¥4000) プロヴァンス(¥6000)
 シャンパーニュ(¥8000)
予算に応じて様々なメニューを用意してくれるので、余裕のある人はゆっくり相談してみればいい。誕生日、記念日の食事会にうってつけのレストランだと思う。

 味付けは濃くも無く薄くも無く、日本人の味覚をしっかり意識した奥行きの深い料理だ。ワインが飲めなかったのが誠に残念。


 南フランスの農家のリビングといった風情のインテリアは心を落ち着かせてくれる。
d0083265_21123673.jpg













 料理もさることながら、デザートに出たチョコレートムース、普段甘いものが苦手な私だがシェフに勧められて一口食べて驚いた。甘みを抑えて程よい苦味を引き出した大人の味。表面に焼きを入れカリカリに香ばしく仕上げ中はとろりとしたムース状、久しぶりにすべてを完食した。
d0083265_21163952.jpg

by mahalotakashi | 2007-04-11 06:39 | mahalo@食卓