Vivo (ヴィーヴォ) イタリアン  北野

 2015年 今年の初イタリアン!

 季節感が楽しめる魚介と野菜のトラットリア


d0083265_18562281.jpg

 神戸北野、カトリック神戸中央教会の北向かいに緑に包まれた半地下の外観はとても落ち着いた雰囲気です。店内はこじんまりとしていますが、エントランス付近のテラス席やダイニングのテーブル配置は席間が広くゆったり寛げます。


d0083265_18564659.jpg

 ホールスタッフ(男性)の接客は好感の持てる応対、魚介をウリにしているとのことなので、神戸で有名な魚料理のイタリアンと関連があるのか聞くと「そのお店の2号店としてオープンしたが現在は独立しています」とのことでした。


d0083265_1857718.jpg

 日本の一般的なイタリアンのお店のランチセットは、野菜サラダや簡単な惣菜の盛合せに2~3種類のパスタやメインから選ぶシステムが多く、時として自分の好みに合わないものを注文せざるを得ない場合もあります。
 その点こちらのお店は、アンティパスト・プリモピアットに季節感あふれる旬の素材を使った料理が各6種類ほどと、セコンドピアット(メイン)に3種類と種類が豊富で客の気持ちを考えたメニュー構成となっています。


d0083265_18574632.jpg


 ランチコースとして2種類。
Aコース(¥1,300) 前菜・パスタ・パン・ドルチェorカフェ
Bコース(¥2,200) Aコースにメイン料理が付いたもの。

 シェフが直接市場へ出向き旬の新鮮な魚介を仕入れ、多彩な調理法とソースを使いリーズナブルに提供するというお店のコンセプト通り、確かに他店では味わえない魅力があります。


d0083265_18582996.jpg
 大分県産ブリのカルパッチョ

 今回まずアンティパストから選んだのは、大分県産ブリのカルパッチョ。
 冬場が旬のブリにルッコラやトマトなど野菜をアレンジした爽やかながら旨み十分な味わい。



d0083265_18594239.jpg
 坂越産殻付き生カキ香草ソース

 純粋なイタリアンとは言えないかもですが、イボイノシシの好みでチョイスしたのが、坂越産殻付き生カキ香草ソース
 やはり旬の生牡蠣、そのままでも美味しいのですが香草ソースとレモンでより一層美味しく味わえました。


d0083265_1912818.jpg
 イタヤ貝と釜揚シラスのペペロンチーノ

 プリモピアットはスパゲッティやペンネ、それにリゾットなど6種類から、イタヤ貝と釜揚シラスのペペロンチーノをチョイス。
 和風素材を絶妙に使ったアッサリ系のスパゲッティはボリューム感ありの一皿でした。


d0083265_1923516.jpg
 仔羊ミンチのパルミジャーノ風味(リゾット)

 仔羊ミンチのパルミジャーノ風味
 仔羊肉と野菜をたっぷり使ったコクのあるリゾットは冬場に最適の一品、お米もアルデンテに仕上がり美味しくいただけました。


d0083265_196885.jpg

 2人の訪店でしたがメイン料理なしでも十分お腹いっぱいになりました。次回はぜひ魚介のメイン料理をいただきたいものです。ごちそうさまでした。

                      食べ歩き
★★★★☆





店名          Vivo (ヴィーヴォ)
ジャンル        イタリアン、パスタ
TEL・予約        050-5869-9632 (予約専用番号)
             078-231-0599 (お問い合わせ専用番号)
住所          兵庫県神戸市中央区山本通2-2-2
交通手段        三宮駅より徒歩10分
営業時間        11:30~14:00  17:00~21:30
定休日         木曜日「GWやお盆、年末年始のお休みはお問い合わせください」
カード         可 (JCB、AMEX、VISA、MASTER、Diners)
席数          22席
貸切          可 (20人以下可)
禁煙・喫煙       完全禁煙(外に灰皿があります。)
駐車場         無(近隣にコインパーキングあり)
空間・設備       オシャレな空間、落ち着いた空間、席間が広い
携帯電話        docomo、au、SoftBank、Y!mobile
ドリンク        焼酎あり、ワインあり、カクテルあり、ワインにこだわる
料理          野菜料理にこだわる、魚料理にこだわる
サービス        お祝い・サプライズ可、ソムリエがいる、子供可
お子様同伴       お子様同伴可です。 目を離さないようにご注意ください。




by mahalotakashi | 2015-01-12 18:18 | mahalo@食卓