香文 シャンウン   中華料理     芦屋市春日町

  時間に余裕があれば、コース料理がおススメの中華レストラン


d0083265_1933368.jpg

 阪神打出駅の近く、以前オ・リモと言うフレンチのお店があった場所に昨年3月にオープンした、創作中華料理のカフェレストランで、近くに専用駐車場(5台)も有ります。


d0083265_19341236.jpg

 緑に囲まれたテラス席を備えた外観はシックで落ち着いた感じ、うっかりすると見落とすかも知れません。


d0083265_1937916.jpg

 店内は明るく広々していて、中華料理のお店とは思えないお洒落な感覚のダイニングです。


d0083265_19372657.jpg

 席数もそこそこあり、ホールスタッフの女性も上品な感じで、とても好感が持てる応対をしてくれました。サービス面は◎ですね!(^^)



d0083265_19401263.jpg

 単品料理メニューもありますが、コース料理がおススメです。

 飲茶コースが3種類(¥1,600~¥3,800)と、香文コース8種類(¥1,600~¥10,500)、それに手早く食事をしたいお客様のために、お粥セット(¥1,000)や、カレーセット(¥1,100)なども用意されています。

 コースの料金の差は、主菜の皿数や素材(ふかひれ・ツバメの巣等)によって変わりますが、前菜やスープなどはほぼ同じです。

 フレンチやイタリアンのコース料理と同じスタイルで、前菜から一皿ずつ提供されますのでかなりの時間を要します。(我々は2名で約90分)

 今回は、◆香文コース(A) ¥1,600   ・前菜・スープ・主菜2皿・デザート
       ◆飲茶コース(A) ¥1,600   ・前菜・スープ・海鮮レタス包み香文スタイル・点心・デザート

 2種類を同時に出していただき、シエアしながらコースを楽しみました(尚、前菜は一皿2人前です)


d0083265_19404671.jpg

 テーブル上に中国茶がポットで出され、自家製薬味ソースが4種類用意されます。広東料理、北京料理、上海、四川などの地域性にとらわれず、それらの良いところをアレンジした創作中華料理だそうです。

 お料理もさることながら、特に感じたのはお料理ごとに替わるお皿や器の模様がとてもユニークで美しく、お店のセンスの良さと、おもてなしの気持ちが感じられることです。



d0083265_19415655.jpg

 前菜は、胡瓜の酢漬け・叉焼・茹で豚・蒸し鶏・くらげ・煮こごり・野菜サラダなど種類豊富で、あっさりいただけました。
 2種類のコース料理でスタッフがその都度詳しく説明してくれましたが、どれがどのコースのものか途中で分からなくなりました。(笑) 取りあえず出された順に紹介します。


d0083265_19441360.jpg

d0083265_19442699.jpg

 スープは如何にも中国料理らしい模様付金属製の蓋付き器で出される、揚げ餅(海老入り)スープ。コンソメ風のあっさりスープですが、もっちりした揚げ餅が好い味出しています。


d0083265_19453892.jpg

d0083265_19455933.jpg

 茄子と豚肉の料理は純白の中国風蒸しパンと一緒にいただきました、そんなに油っぽくなく蒸しパンとぴったり合います。


d0083265_19462496.jpg

 思わず笑ってしまったのが、大きな羽根つきの香文特性焼き餃子!餃子の本体は2個ですが羽根がお皿一杯の大きさ。パリパリして結構イケました。


d0083265_19472312.jpg

 特性ソース付きの大根餅(七面鳥夫人にお任せ!食べていませんのでお味の感想は無し!)(笑)


d0083265_19485197.jpg

 海鮮レタス包み香文スタイルは、春巻きの皮のような器に海老や魚介類と南瓜などの野菜が入れられ、お出汁がこぼれないようにレタスで包んで大胆にいただきますが、女性にはよほど大口の方以外には少し大きめです。(笑)


d0083265_19491519.jpg

 次に出たのが、北京ダック!割包の北京ダック挟みですが、ダックの量は極小!(笑)でも、お味噌や薬味が効いた小品ながら楽しめた一皿です。


d0083265_1949383.jpg

d0083265_19495797.jpg

 ラストは蒸籠に入った、蓮の葉包みの中国風おこわ。干し海老や貝柱などが入って旨みのある美味しいおこわでした。



d0083265_19515469.jpg

 デザートはお店からサービスの大粒で甘いライチと、


d0083265_1953259.jpg

 杏仁豆腐のマンゴーソースかけでした。今回は久しぶりにゆっくりのんびりコース料理が楽しめました。全体的には薄味ながら日本人好みのまろやかな味付けで気に入りました。

 なお、要予約ですが、日曜祝日お昼限定のスペシャルコース(2名以上)(¥1,600)や、金・土・日・祝の夜限定スペシャルコース(4名以上)(¥3,000・¥4,600)もありますから、時間に余裕があれば訪店をおススメします。

                                 食べ歩き
★★★★☆






店名          香文 (SHANUN)
ジャンル        中華料理、カフェ、中国茶専門店
TEL・予約       0797-21-1234
住所          兵庫県芦屋市春日町6-14
交通手段       阪神打出駅から徒歩3分
営業時間       11:30~17:00  17:30~20:30 (L.O)
定休日         火曜日
駐車場         有(4台)
空間・設備       オシャレな空間
コース         3000円以下のコースあり、3000円~4000円のコースあり
ロケーション      一軒家レストラン
サービス        お祝い・サプライズ可、子供可
お子様同伴      可
オープン日       2013年3月18日
備考          GW,お盆 も営業しています。

ホームページ     http://ameblo.jp/shanun/




兵庫県 ブログランキングへ

by mahalotakashi | 2014-07-19 00:01 | mahalo@食卓