パスタバ (PASTABA)  イタリアン、パスタ  六甲道

 祝! 2020オリンピック・パラリンピック 東京開催決定!!!

d0083265_634429.jpg




 本格味から和風まで、パスタのレベルが上級と言えるお店です。


 一部のお店を残して、西宮・芦屋・宝塚・伊丹・尼崎のイタリアンやパスタのお店(ランチ限定)はほぼ行きつくした(約230店)ので、最近は神戸市内にスタンスを広げました。


d0083265_23123384.jpg

 というわけでやって来たのは神戸市灘区。JR六甲道駅界隈は結構イタリアンの激戦地、レベルの高いお店が多いのもうなずけます。パスタバは六甲道駅の北東、表通りから少し入った住宅街の中に溶け込んだこじんまりしたお店ですが、常に満席状況。


d0083265_2319590.jpg

 カウンター(6席)を含めて14席の店内は落ち着いた雰囲気。ホールスタッフの女性は明るい笑顔を絶やさず目配り気配りがいわゆるプロフェッショナルな応対で感心させられました。
 オープンキッチンで腕を振るう寡黙なシェフの立ち振る舞いも絵になります(笑)


d0083265_2322494.jpg

 ランチセットは4種類、日替わりパスタ(リゾット)をメインに、サラダ・パン・ドリンク付き。
 日替わりパスタの種類によって、A・B(¥850) C(¥950) D(1,050)と分けられています。
 パスタの大盛りは、+¥150  デザートは、+¥250  本日の前菜は、+¥350 


d0083265_23251842.jpg

 インスタントのパスタでも結構イケるご時世、生き残りをかけたお店の努力も大変なものと思います。
 こちらのお店では本来イタリアンで提供されるパンにつけるオリーブオイルを出さずに、オリジナルなイチゴ味のバター等、フレバーバターを提供して特に女性客に喜ばれているようです。


d0083265_23285666.jpg
 アンチョビとキャベツのペペロンチーノ・スパゲッティ

 今回はイボイノシシが、Aのアンチョビとキャベツのペペロンチーノ。最もシンプルながらシェフの腕前が分かる一品。ニンニク(アーリオ)を大胆に使った大人味のペペロンチーノです。



d0083265_23444244.jpg
 ボローニャ風ミートソースのペンネ 

 七面鳥夫人は、Cの・ボローニャ風ミートソースのペンネを選びました。どちらのパスタもイタリアでは最もポピュラーなパスタです。結論から先に言えば本場味に負けない完成された味でした。
 日本国内に展開するイタリアンやパスタのお店も随分増えました、お味のレベルも一昔前に比べればかなり上がっています。それだけお客様の口も肥えてきたと言う証。


d0083265_06942.jpg

 小さなお店ですが、出されるお料理はシェフが自信を持ったスペシャルフード!確かにパスタは本格派のお味、おススメできるお店です。

                                食べ歩き
★★★★☆




店名         パスタバ (PASTABA)
ジャンル       パスタ、イタリアン、パン
TEL・予約      078-857-7265(予約不可)
住所         兵庫県神戸市灘区永手町3-3-8
交通手段      JR六甲道より徒歩2分
営業時間      11:00~16:00(L.O.15:00)
            18:00~22:00(L.O.21:00)
定休日        日曜
席数         14席 (カウンター6席、机8席)
禁煙・喫煙      (昼は禁煙、夜は全面喫煙オッケー)
駐車場        無
空間・設備      カウンター席あり
携帯電話       SoftBank
サービス       子供可、テイクアウトあり
オープン日      2009年





イタリアン(レストラン) ブログランキングへ

by mahalotakashi | 2013-09-08 06:10 | mahalo@食卓