ラーメン東大 尼崎店  徳島ラーメン

                       徳島ラーメン食べました!

 ご当地ラーメンと言えば、札幌ラーメン・旭川ラーメン・尾道ラーメン・和歌山ラーメン・博多ラーメン・喜多方ラーメンなどが有名、過去に様々いただいてきました。もちろん西宮にも芦屋にもご当地ラーメンは存在しています。
 今やラーメンは日本の国民食、イタリアのパスタと同じく各地方で独特の進化を遂げています。



d0083265_21443045.jpg
 徳島ラーメン(黒系)

 今回チャレンジした徳島ラーメンは、地元徳島県で「中華そば」「支那そば」と呼ばれ、茶色の豚骨醤油スープに中細麺、トッピングには豚バラ肉・ネギ・もやし・生卵…というのがもっとも一般的に知られています。地元では生卵を入れずに食べる人が多いそうです。スープに甘味があるのも大きな特徴の一つと言われます。


d0083265_21485225.jpg
 あっさり(白系)

 徳島ラーメンの特徴として「白系」「黄系」「黒系」の3種類に分けられるスープ色の違いがあります。
 「白系」豚骨スープで見た目は白いスープ。
 「黄系」中華料理店に多い澄んだ黄色もしくは薄茶色のスープ。
 「黒系」豚骨スープに醤油ダレを加えた黒っぽい濃茶色のスープ。
 チャーシューではなく、豚バラ肉(タレで濃厚な味付けで煮込んだもの)をトッピングしている店が多く存在しています。

 徳島で豚骨醤油が主流になったひとつの理由として、県内にハム工場(徳島食肉加工場「徳島ハム」後の日本ハム)がありそこで大量の豚骨が出たため、安く簡単に手に入れることができたからと言われています。



d0083265_21551644.jpg

 本日訪店した東大さんは、比較的最近出来た徳島ラーメンのお店です。生卵が無料で入れ放題がウリです。徳島市大道に本店があります。

 徳島ラーメンは基本的に「ご飯のおかず」として食べるものなので、通常のラーメンに比べて量がやや少なめです。このため、ほとんどの店でライスがメニューにあり、ラーメンを注文した客にライスを無料で提供する店もあるほどです。(こちらのお店のライスは¥100)


d0083265_2203227.jpg

 店内はゆったりした広さで、中央にカウンター席(相席)が1人客用に用意され、その周りにテーブル席と言う配置です。無料の生卵と小さな梅干がサービスとしてテーブル上に置かれています。
 日曜日のお昼過ぎ、店内は満席。(今回は店内撮影を自粛しました)


d0083265_2263973.jpg

 麺はストレートの中細麺で、短めで柔らかめのものが多いのも特徴の一つ。イボイノシシは生卵は入れませんでした。
(写真は七面鳥夫人のあっさりラーメン卵入れ)

 お味の評価はハッキリ言って難しいラーメンでした。甘味が強いスープや豚バラ肉はあまり好きではないのですが、かと言って不味い分けでも無く・・・・微妙・・・・・(^^;)

 ご当地ラーメンはご当地でいただくのがベストでしょうか・・・(笑)


                                食べ歩き
★★★


店名          ラーメン東大 尼崎店
ジャンル        ラーメン
TEL・予約       06-6432-1919
住所          兵庫県尼崎市西昆陽1-27-18
交通手段       自動車、バイク、自転車が無難
             バス・・・1、阪急武庫之荘駅(北)より尼崎市バス40番‘常陽中学校前’下車すぐ
                  2、尼崎市バス‘武庫営業所’より徒歩10分
営業時間       11:00~翌2:00 ランチ営業、夜12時以降入店可、日曜営業
定休日         無休
カード          不可
席数           42席
禁煙・喫煙       全面喫煙可
駐車場         有(24台、平面)
空間・設備       カウンター席あり
携帯電話        SoftBank、docomo、au
ロケーション      一軒家レストラン
サービス        子供可、テイクアウトあり
オープン日       2011年4月29日

ホームページ     http://www.ramen-todai.com/




兵庫県 ブログランキングへ

by mahalotakashi | 2013-02-18 22:22 | mahalo@食卓