七草粥

                 七草粥頂きました。

d0083265_2021074.jpg

 七面鳥夫人が作ってくれた七草粥です。

 春の七草「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」や、餅などを具材とする塩味の粥で、その一年の無病息災を願って食べられます。祝膳や祝酒で弱った胃を休める為とも言われますね。

 起源は平安時代とも鎌倉時代とも言われていますが、庶民の間で流行し始めたのは江戸時代だそうです。七草の種類は時代や地域によって異なり、七草が八草・十草になったり、少ない場合もあったそうですが、いつの時代もどんな土地でも、年頭にあたって豊年を祈願し、「今年も家族みんなが元気で暮らせますように」と願いながらお粥をいただくその気持ちに差はありませんよね。

 今年も無理をせず、マイペースでレストランガイドを続けたいと思っていますので、よろしくお願いします。

by mahalotakashi | 2013-01-07 20:35 | mahalo@食卓