田楽座 わかや   豆腐田楽 三重県伊賀市

  影侍や
    菊の香のする
          豆腐串
              -芭蕉ー



 伊賀に伝わる豆腐田楽のランチを楽しみました。

d0083265_23193152.jpg

 鈴鹿サーキットへのドライブの途中、伊賀市近くで昼時になりカーナビで検索したお蕎麦屋さんに向いましたが生憎お休みでした。
 仕方なく周辺をウロウロしていたら大きな駐車場を備えた食べ物屋さんらしきお店を発見、古民家的ながらモダンな雰囲気の外観から和食の懐石料理か、ひょっとしてフレンチかすき焼きのお店かもと思いながらお店の前に立つと、入口横のプレートに、 “ 影侍や 菊の香のする 豆腐串 ” 芭蕉 と描かれていました。 
(この時点でもまだこのお店が伊賀で有名な豆腐田楽の老舗店とは気付きませんでした)


d0083265_23261459.jpg

 店内は木組みの吹き抜けで、砥粉色の珪藻土塗壁と江戸時代の商家に見られる虫籠窓(むし子窓)が取り入れられ、かなりのインパクトを感じさせられます。
 ホールスタッフの女性の説明でやっと理解ができたので、席に着きました。そういえば「おくのほそ道」で有名な松尾芭蕉翁は伊賀国(現在の三重県伊賀市)の出身でしたよね。


d0083265_23294287.jpg

 スタッフのご好意で調理場の撮影も許可していただきましたが、炭火が燃える焼き台はまさに鰻の蒲焼を連想させられます。
 創業が江戸時代の文化年間だそうで、かれこれ200年の歴史を誇るお店だったとは驚きました。こちらのお店では、長い竹串で刺された豆腐に柚子入りの味噌を塗って炭火で焙る味噌田楽がメイン料理として提供されています。


d0083265_2335237.jpg
 とうふ田楽

 老舗店の割には意外にリーズナブル料金でいただくことができます。

◆Aセット(¥1,560)
 とうふ田楽・野菜の煮物・おから・ごはん・お吸物・おつけもの

◆Bセット(¥990)
 とうふ田楽・ごはん・お吸物・おつけもの

◆3,150円コース
 花かご前菜・生湯葉の刺身・とうふ田楽・揚げ出し豆腐・ごはん・お吸物・デザート


d0083265_23415634.jpg
 野菜の煮物

 いつものパターンで、AセットとBセットをオーダーしました。久しぶりにしっとりした和食に出会った感じがします。


d0083265_23474839.jpg

 紅い漆塗りの木箱で出されるとうふ田楽はそれだけで絵になる風情がありますね。量的に少し物足りない感じはするものの、このようなお料理を前にするとなんとなく背筋が伸びる気がしますから不思議です。



d0083265_23513485.jpg

 スタッフの勧めで白いご飯の上に串を抜いた田楽を乗せると、上品な鰻丼と見間違えるほどです。(笑)

 豆腐と言うシンプルな素材生かすために研究されたと思われる合わせ味噌のお味は流石でした。非日常的な感覚でいただいたお料理でしたが、満足できました。


                                食べ歩き
★★★★


店名          田楽座 わかや (でんがくざ わかや)
ジャンル        郷土料理(その他)、豆腐料理・湯葉料理
TEL          0595-21-4068
住所          三重県伊賀市上野西大手町3591
交通手段       伊賀鉄道 西大手駅下車すぐ。
営業時間       11:00~14:00  17:00~20:00
定休日         月曜日(祝日の場合は営業)
予約          予約可
席数          30席 (2階席あり)
貸切          可
駐車場         有
携帯電話       docomo
ロケーション     一軒家レストラン
空間・設備      座敷あり
備考          平日は予約可。 繁忙日、GW等は、予約不可。

HP
           http://www.geocities.jp/soul_yoshimasu_brothers/wakayabistro.htm




レストラン・飲食店 ブログランキングへ

by mahalotakashi | 2013-01-06 09:39 | mahalo@食卓