夢の食卓       食卓でつながる那須朝市

                   Table of Dreams ~夢の食卓~

d0083265_13362754.jpg



 10月末、紅葉の盛りを迎えた那須高原の裾野で、那須の豊かな食文化を朝ごはんで味わうことのできる人気の朝市、「那須朝市」が開かれた。朝市の発起人・宮本吾一さん。3年前、“食”を「作る人」と「食べる人」が直接交流できる場を作りたい、と一人で農家を回り、食材を探しては、朝市に出店しないかと声を掛け続けた。そして、協力してくれる地元農家や、那須に住まう食にこだわりを持つ人々と出会い、地域のみんなで手を取り合って「那須朝市」が誕生した。

 人との繋がりを大切にしている宮本さん。朝市スタッフとの話し合いの後はみんなで食卓を囲む。食事を共にすることでスタッフ同士の絆が深まり、一体感も増してくる。

 みんなが気軽に意見を出し合えるこの食卓からは、新しいアイディアも生まれた。那須の牛乳を使って何かできないかという発想から商品化された“朝いちのプリン”。地元の菓子工房と牧場がコラボしてできた“朝いちのプリン”は、牛乳の濃厚な味が魅力の那須朝市限定の目玉商品。

 朝市にはシチューやけんちん汁などの温かい朝ごはんも並ぶ。どれも「作った人の想いが分かる食材ほど贅沢なものはない」と地産の食材が使われている。

 朝市に訪れたお客さんをひたむきな情熱と真心でもてなし、朝市を盛り上げようとする人々の舞台裏を追った。













by mahalotakashi | 2012-11-21 23:23 | mahalo@食卓