アドベンチャーワールド

   バテ気味パンダと、めはり寿司&和歌山ラーメンにご対面!


d0083265_9344460.jpg

 旅行2日目(8月12日)は、ホテルで朝食後、アドベンチャーワールドに直行しました。お盆休みの真っただ中、家族連れやカップルそれに若者グループ、じいちゃんばあちゃんなど、入場ゲートには大勢のお客様が続々と集まっています。


d0083265_10123979.jpg

 アドベンチャーワールドは、和歌山県西牟婁郡白浜町の広大な敷地を有し、「人間(ひと)と動物と自然とのふれあい」をテーマに、動物園・水族館・遊園地の3つを併せ持つ全国でも珍しいスタイルのテーマパークです。

 園内には数々の施設がありますが、ジャイアントパンダの飼育展示、広大な敷地に放し飼いにされた動物たちの中をケニア号が進むサファリツアー、イルカ、クジラ、アシカショーなど、自然界を代表する動物が総覧できるパークは日本でもここだけであり、全国的に有名な施設となっています。。

d0083265_10183914.jpg

 さて、三世代にわたる我が家族11名が同時にパーク内を楽しむのは不可能に近いというわけで、それぞれの家族単位で行動することにしました。


d0083265_1465599.jpg

 イボイノシシ夫婦が最初に目指したのは、ジャイアントパンダの飼育展示場 (パンダランドというエリアです) 
 ちょうど2日前に誕生した「良浜」の赤ちゃんのお知らせポスターが貼られていました。すくすく成長してほしいですね。


d0083265_14115766.jpg

 こちらのパンダエリアには、2010年8月11日生まれのふたごパンダ「海浜」「陽浜」がいて、すくすく成長中と聞いていましたが・・・・


d0083265_14181378.jpg

 ごろりと寝そべるパンダは、リビングでくつろぐイボイノシシ親父と変わらず、濡れ雑巾のようなだらしない姿でした。(笑)


d0083265_14233684.jpg

 でも、パンダの気持ちがわからないでもありません。笹食って人に見られて・・・なにも楽しいことないからゴロンと寝るだけや、文句ある?と言ってるようでしょ。



 ランチタイムは大混雑!まさに弱肉強食ワールド!!


d0083265_14412081.jpg

 写真は午前11時頃の、センタードーム・海獣館です。館内にカフェやレストランなどがあり休息もできるようになっています。まだそんなに人の数も多くありませんが、お昼頃になると人の波が押し寄せ、芋の子を洗う状況になりました。

 パーク内のあちらこちらに飲食店は存在するのですが、本日のように人出が多いとテーブルの確保が難しく、お年寄りや小さな子供連れにはきつい状況になります。
 セルフ形式のお店が多く、席をなんとか確保しても料理の注文カウンターで長蛇の列と、体力と気力が必要になります。

 「13時過ぎたら、どこか空いてくるだろう」と、ペンギンや白クマをウオッチングしたりして時間をつぶしましたが一向に人出が減ることはなく逆に増えてきているような気もします。


d0083265_15271425.jpg

 結局、和食のテーブルサービスレストランに並んで待つこと1時間。なんとか餌にありつけました。(笑)
七面鳥夫人がオーダーした「たぬき」(キツネそば)のかまぼこはパンダの絵柄入り、少し食傷気味になります。

d0083265_15285316.jpg

 セットで付いてきた和歌山名物「めはり寿司」 これが本一のご馳走に感じられました。おいしかったです。


d0083265_15314842.jpg

 イボイノシシは和歌山ラーメン。海苔にもパンダのマーク。徹底してますなあ~! お味は極普通のとんこつ醤油ラーメンでした。

 こういう場所に、このような時期に来れば、ランチ難民になることは当然の成り行きで仕方がないのかも知れませんね(笑)


d0083265_15365774.jpg

 まあそれでも家族全員が無事にスケジュールをこなし、大いにエンジョイできた今年の夏休み旅行は正解だったと思います。




by mahalotakashi | 2012-08-17 21:21 | mahalo@夢旅