ブラッスリー アジャン (Brasserie Agen) フレンチ  三田市

 三田市・武庫川河畔の隠れ家ブラッスリーでカジュアルランチ!


d0083265_22333537.jpg 久しぶりにランチタイムを楽しむために三田市まで足を延ばしてみました。
 大阪や神戸を職場とする若いサラリーマンやヤングファミリーのベッドタウンとして、最近急速に発展しているニュータウン三田。それだけに結構面白いと言うか、垢抜けたレストランなども続々とオープンしているようです。

 三田市(旧市街)の中心部を流れる武庫川沿いの住宅街の中、車から見つけるのはかなり難しいポジションにありますが、近くに駐車場も確保されており、橋の袂からお店までのアプローチは静寂さを感じさせてくれる環境が心を和ませてくれます。



d0083265_22574798.jpg 予約なしで訪れたレストランは、ブラッスリー アジャン
(Brasserie Agen)
 ブラッスリーとはフランス語で、軽い食事やワインが飲める庶民的なレストランのことですが、こちらのお店はパリ辺りの下町ブラッスリーと言うイメージとは違い、隠れ家的で落ち着いた雰囲気が溢れる素敵なお店です。
 特に派手な看板や国旗などもなく、地味な感じがしますが当地では評判のお店(食べログの三田市フレンチ・人気ナンバー1)です。
お客様の殆どは予約客、平日は三田マダムの溜まり場的お店だそうです。



d0083265_236857.jpg 14席ほどのこじんまりした店内ですが、木目を生かせたテーブルや床に温かさを感じます。
 カウンターに置かれたハモン・セラーノかハモン・イベリコの塊がブラッスリーを主張しているのがご愛嬌。
 男女のホールスタッフのサービスは自然体で落ち着きがあり好感が持てます。(入店時、男性スタッフは店外まで出て、小走りで駐車場まで案内してくれました)

 人気のお店ながら、真面目に接客する姿勢はこのお店の誠意を感じます、こういうお店がしっかり生き残るのでしょうね。




d0083265_2314336.jpg

 ランチメニューは2種類とシンプルですが、チョイスできる料理の幅が広く多人数のニーズにも応えられる思いやりが感じられます。


d0083265_23215458.jpg
            オードブル:プロシュート・アボガド・サーモン・温泉玉子などの夏バージョン。
 オードブル・パン・メイン・デザート・カフェのコース仕立てで、魚か肉が選べるるのが、(A)¥1,890
メイン料理に魚とお肉がいただけるのが、(B)で、¥3,360、魚料理も肉料理も数種類の中からチョイスできます。スープは+¥450の追加料金が必要。(パンはお替りできます)


d0083265_23282279.jpg
          桃の冷製スープ
 お店自慢の桃のスープは、少し甘さが気になりましたがサッパリとはしていました。桃の果実も入っているのには驚きましたがまずまずのお味。


d0083265_233517.jpg
       スズキのポワレ
 (A)で、魚料理(スズキのポアレ)と、肉料理(イベリコ豚のグリル)をオーダーしました。イボイノシシが選んだスズキのポワレはかなり大ぶりでしたが、柔らかく調理されていて美味しくいただけました。


d0083265_23385217.jpg
      イベリコ豚のグリル、焼き野菜添え


d0083265_18174891.jpg
         クレームキャラメル(デザート)
 デザートは5種類から選べますが、3種類は追加料金(¥200~¥400)が必要です。


d0083265_1820426.jpg
         パッションフルーツのスフレグラス(デザート)


 オードブル、メイン、デザート、カフェ、どのお料理も無難な味付けで美味しくいただけました。野菜の使い方がかなり大胆なのが印象的ですが、全体的にはまとまりのある仕上がりで料理の出るタイミングも良く、落ち着いてランチタイムが過ごせました。ご馳走様!



店名          ブラッスリー アジャン (Brasserie Agen)
ジャンル        フレンチ、ビストロ
TEL           079-564-0170
住所          兵庫県三田市三田町30-7
交通手段       三田駅から507m
営業時間       11:00~14:00LO  17:30~21:00
定休日         水曜日 (月一回不定休)
予約          予約可
駐車場         有(6台、店の前には停められません。近くに契約駐車場が数箇所。)

ホームページ
     http://www.geocities.jp/brasserieagen/




by mahalotakashi | 2012-07-08 21:21 | mahalo@食卓