ラッフィナート(raffinato) イタリアン  芦屋

   芦屋・ラッフィナートで、一ヶ月遅れのアニバーサリーランチ。


d0083265_20162069.jpg 毎年5月1日はアニバーサリー(結婚記念日)を祝って夫婦水入らずで少しレベルアップした食事を愉しんでいますが、今年は仕事が忙しかったことと、ランチを予定していたリストランテで予約が取れず、先送りにしてきました。

 そこで以前七面鳥夫人が友人と訪店して気に入ったと言う、芦屋の人気イタリアン、リストランテ・ラッフィナートに予約を入れてみました。

 JR芦屋駅近くの姉妹店バール・ラッフィナートには伺っていますが、イボイノシシは初訪店となります。


d0083265_20244561.jpg
 先週土曜日1回目の申し込みは満席で断られましたが、日曜日(3日)になんとかランチの予約がとれました。食べログ(兵庫県)で総合3位の超人気店です。

 飾り気の無いシンプルな外観はとても落ち着いた佇まいです。

 店名の、ラッフィナート(raffinato)は、イタリア語で「洗練されている」と言う意味。なるほど、外観や店内のインテリア、それにホールスタッフの立ち振る舞いは優雅で洗練されています。
まさに、È raffinato です。


d0083265_20283912.jpg
 プランゾ(ランチ)は2種類のみですが、イタリアンのフルコースと言えばよいでしょうかアンティパストからドルチェまで、旬の素材を使った丁寧なイタリア料理が味わえます。

 本日は¥4,200(税込)のPranzoを2人分オーダーしました。より素材にこだわった¥6,825のコースもあります。

 全コース2時間くらいを要しますから、時間の余裕を持って訪店されることをオススメします。



d0083265_20382624.jpg エキストラバージンオイルでいただく自家製フォカッチャはお替りできるので、料理の変わり目に頼みましょう。
(スタッフが絶妙のタイミングで勧めてくれます)

 ところでこちらの自家製フォカッチャは本場ローマ辺りの、パサパサのフォカッチャに比べると、とてもしっとりした美味しさを感じます。日本人向けに一工夫しているのだと思います。
 押し付けではなく、お客本位の柔軟性がこのお店の人気の秘密かも知れませんね。

 それでは、本日のプランゾを出てきた順番どおりにご紹介いたします。



d0083265_20471296.jpg

 まずはアンティパスト(AntiPast)前菜。
 冷たい前菜 2種と、温かい前菜 1種が提供されます。最初に出される冷たい前菜は、◆甘い人参のスプーマ 生うに(北海道)とコンソメのゼラティーナ。 とろり~とした口当たりに、うに特有のコクのある味わいが絶品です。


d0083265_20522355.jpg

 続いての冷菜は、◆軽く火を通した蛸(明石)とインカの目覚めのインサラティーニ。 インカの目覚めと言うのは北海道産のじゃが芋のこと、カリカリとした感じと明石蛸のしっとり食感が絶妙のバランス。


d0083265_20564515.jpg

 温かい前菜は、◆リコッタチーズ(日向牧場)とほうれん草のカネロニ仕立て。 食感はオムレツを彷彿とさせますが、チーズとほうれん草のコラボが得もいわれぬ味わいです。


d0083265_210755.jpg

 続いてプリモピアット(PrimoPiatto)一の皿は、冷たいパスタ 1種と、温かいパスタ 1種。
ドライにした生ハム(サンダニエーレ)と茄子の冷たいカペッリーニ。
 Capellini は最も細いスパゲッティで「天使の髪の毛」の別名があります。パスタはもちろんお皿もフォークもまるで氷のようにキンキンに冷やされていました。(笑)


d0083265_2135272.jpg

 温かいパスタは、◆和牛ほほ肉と、そら豆のリングイネ。 量は少ないですがラグーソースが秀逸で美味しくいただけました。


d0083265_2183197.jpg

 セコンドピアット(SecondPiatto)メイン料理は、お魚料理 または お肉料理です。

d0083265_21101152.jpg

 まずお肉料理は、◆丹波地鶏のアッロスト さっぱりとしたソース。 粒マスタードとタスマニア産の岩塩が添えられています。七面鳥夫人がが食しましたがかなり満足気でした。


d0083265_21134687.jpg

 お魚料理は、◆めぬけ(北海道)のサルターレ かぼちゃのニョッキと赤ワインソース。 めぬけとはカサゴ目フサカサゴ科メバル属の魚で、金目鯛をイメージしていただけばよいと思います。脂が乗った白身は赤ワインソースと合います。


d0083265_21155737.jpg

 口直しに出されるグラニータ(グラニタ)Granitaは、シチリア発祥の氷菓をもとにしています。シロップやジュースを混ぜ加えて冷凍させるもので、今回は◆レモンのグラニータ。 サッパリしたお味でこの時期ピッタリの一品です。


d0083265_21164131.jpg

 ドルチェ(Dolce)デザートは、◆ババロア風パンナコッタとジェラート。 イタリア料理の基本的なドルチェとも言えます。


d0083265_21172249.jpg

 〆はエスプレッソとコーヒー。大人の苦味が味わえる本場のエスプレッソはオススメです。



d0083265_21254299.jpg
 本格派のイタリア料理でありながらフレンチに通ずる優雅さと繊細な盛り付けは、見た目にも美しくまさにアートを感じさせるお料理と思います。

品数は多いですが一皿の量が控え目なので、女性の方でも十分に堪能できるコース料理です。

 時間を忘れさせてくれる至極のひと時、料理が美味しければ会話も愉しくなります。

笑顔で過ごせたランチタイムは記憶に残るアニバーサリーランチになりました。ご馳走様でした。





店名          ラッフィナート (raffinato)
ジャンル        イタリアン
TEL           0797-35-3444
住所          兵庫県芦屋市親王塚町13-15 岸の里ビル 2F
交通手段       JR 神戸線 芦屋駅 徒歩10分
営業時間       ランチ11:00~13:30(L.O) ディナー17:30~21:00(L.O)
定休日         火曜日(祝日の場合は翌日)
予約          予約可
カード          可 (VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)
席数          28席
貸切          可 (20人~50人可)
駐車場         無し コインパーキング(15分100円)有
禁煙・喫煙       完全禁煙
携帯電話       docomo、au、SoftBank
サービス料      チャージ サービス料有
ドリンク         ワインあり
ロケーション      隠れ家レストラン
空間・設備       落ち着いた空間

ホームページ
     http://raffinato-ashiya.com





イタリアン(レストラン) ブログランキングへ

by mahalotakashi | 2012-06-04 21:30 | mahalo@食卓