讃岐製麺 尼崎西昆陽店  うどん

   サイドメニューの種類と数が半端じゃない讃岐うどんのお店!

d0083265_14151324.jpg

 国道171号線を西宮方面から武庫川に架かる甲武橋を尼崎方面に渡り、左に大きくカーブしながら山陽新幹線のガードを越えると、一目でそれと分かる讃岐うどんのお店です。本日(日曜日)はこちらで、うどんランチをいただくことにしました。

d0083265_14165145.jpg

 愛知県や大阪府を中心に多数の店舗を展開する讃岐うどんのチェーン店ですが、兵庫県ではこちらの尼崎西昆陽店が一店舗のみ(2012.5.27現在)です。


d0083265_14194674.jpg

 ライバル店の郊外型大箱讃岐うどん店と同じく、お客様がトレーを持って一列に並ぶセルフ形式をとっていますが、こちらのお店の特徴はサイドメニューの多さです。

d0083265_14212357.jpg

 通常チク天や玉子天、それに野菜天、イカゲソ天など讃岐うどんによく合う天ぷら類や、せいぜいおにぎり程度が並べられているのですが、入口からうどんのコーナーまでのかなり長いカウンターに、惣菜や焼き魚が所狭しと陳列されていて定食屋顔負けの種類の多さに驚きます(おでん鍋までありました・・)

d0083265_14215446.jpg

 もちろん天ぷらの種類も群を抜く多さ。揚げ専門のスタッフが次から次へと天ぷらを揚げていくのは壮快なパフォーマンスで、思わずちく天(¥100)と、大エビ天(¥150)をトレイのお皿に乗せてしまいました。


d0083265_1428126.jpg

 七面鳥夫人は、かやく御飯(¥240)、温泉玉子(¥80)、穴子天(¥210)と、うどんを食べに来たのか、定食屋に来たのか意味不明のチョイスです。(ついつい手が出てしまうのですよね)(笑)

d0083265_14282585.jpg

 本命の讃岐うどんは、かけうどん(小)(¥150)で、どちらが主役か分からない組み合わせです。


d0083265_14305762.jpg

 イボイノシシはざるうどん(並)(¥280)と、天ぷら2品のかなりチープな選択となりました。

d0083265_14312861.jpg

 店内の製麺所で作られたうどんは、かなり太目サイズでもっちり感がありました、コシもそこそこ、お出汁も美味しくいただけました。

 次から次へとお客様が入店されるので、落ち着いて味わうと言うより、うどんを流し込む感じで食しましたが、回転率を上げたいCP高いお店の宿命だと納得させられました。ご馳走さま。



店名          讃岐製麺 尼崎西昆陽店
ジャンル        うどん
TEL           06-6437-3711
住所          兵庫県尼崎市常松2-3-30
交通手段       甲東園駅から1,856m
営業時間       11:00~0:00 ランチ営業、日曜営業
駐車場         有
オープン日       2010年4月9日

ホームページ
     http://www.meshiya.co.jp/sanuki/index.html

讃岐うどんお試しセット【送料無料 1,050円】うどん6玉+濃縮つゆ付き

by mahalotakashi | 2012-05-28 21:21 | mahalo@食卓